06 10月 2021 · 0 min read

パンサー・プロトコル、エルロンド社とのパートナーシップを発表

免責事項:以下の文章は、Cryptonews.comが作成したものではないプレスリリースです。

2021年10月4日、ジブラルタルのミッドタウン。 ブロックチェーンのインターネット化に向けてスケーラブルなプライベートインフラを構築しているパンサープロトコルと、既存の分散型ネットワークに比べてスループットと実行速度が1000倍向上するように設計されたインターネット規模のブロックチェーンであるElrondは、相互運用可能なプライバシーとコンプライアンスに配慮した選択的開示メカニズムをElrondネットワークに導入することを目的とした新たなパートナーシップを発表します。 zkSNARKの技術を活用することで、パンサープロトコルは、Elrond DeFiのユーザーがEGLD、ESDTトークンやその他の資産をパンサーの金庫に預け、その見返りとして完全に担保されたプライベート資産(zAsset)を鋳造することを可能にします。これらのzAssetは、DeFiのアプリケーションで使用することができます。 zAssetは、プライベートではない資産の価値を維持しつつ、所有者の取引やDeFi戦略をプライベートに保つための追加レイヤーを提供します。このようにプライバシーが強化されたデジタルアセットは、パンサーのプライバシーファーストのインターチェーンDEXを通じて、複数のブロックチェーン間を行き来できるようになります。 今後は、Elrond上でのプライバシー保護に必要なインフラの構築に必要なフィージビリティー・スタディをはじめ、Elrondのエコシステムにプライベート・インターチェイン・スワップを提供するための共同研究を行います。 「Elrond NetworkのCEOであるBeniamin Mincuは次のように述べています。「Pantherとのパートナーシップは、金融機関や市場関係者が完全に準拠した方法でElrond DeFi製品に関与するための新たな選択肢を提供するという我々の継続的な目標の一部です。 「Panther社は、暗号化された分散型ネットワークが提供するデータ所有権、主権、プライバシーに関する完全なオプションを、すべてのWeb 3.0ユーザーに提供することを使命としています。Elrond Networkにエンド・ツー・エンドのプライバシーを提供し、我々が描く相互運用性、プライベート性、コンプライアンスに適合したブロックチェーンの未来の一部となることに興奮しています」とPanther社の共同設立者兼CEOのOliver Gale氏は述べています。</div>
 

Elrondについて

Elrondは、ゼロから設計された新しいブロックチェーンアーキテクチャで、スループットと実行速度を累積で1,000倍に向上させます。これを実現するために、Elrondは2つの重要な革新的技術を導入しています。すなわち、新しいAdaptive State Shardingメカニズムと、安全なProof of Stake(PoS)アルゴリズムで、高速で効率的かつ安全なコンセンサスメカニズムによる線形スケーラビリティを実現しています。Elrondは、毎秒10,000件以上のトランザクションを5秒のレイテンシーで処理することができ、コストもほとんどかかりません。

パンサー・プロトコルについて

Panther Protocolは、DeFiのためのエンドツーエンドのプライバシープロトコルです。Pantherは、暗号経済的インセンティブとzkSNARKsの技術を活用して、DeFiユーザーに完全に担保されたプライバシー強化のためのデジタル資産を提供します。ユーザーは、あらゆるブロックチェーンのデジタル資産をPantherの金庫に預けることで、ゼロ知識のzAssetsを作成することができます。zAssetsは、取引や戦略を本来あるべき姿であるプライベートなものにしたいと考えるユーザーにとって、ますます拡大する資産クラスとなるでしょう。

パンサーは、ゼロ知識データレイヤーであるパンサーメタストレートを使用することで、世界中のAML規制に完全に対応しています。これにより、ユーザーは自分の取引履歴のすべてまたは一部を、完全に、またはzk認証を使用して、選択した当事者に開示することができます。

https://www.pantherprotocol.io/

連絡先