Oyster Pearlの創設者Bruno Block氏、4年の懲役刑を受ける-その理由は以下の通り

Yamada
| 2 min read

Oyster Pearlの創設者Bruno Block氏

画像引用先:Pexels

Oyster Protocol社の創設者である、31歳のAmir Elmaani氏は、脱税の罪で最高4年の懲役刑を言い渡されました。

火曜日の発表で、アメリカ合衆国検察官事務所はElmaani氏が4月6日に有罪を認めた後、この判決を受けたと述べました。

有罪答弁の一環として、同氏はプロジェクトから得られた多額の利益に対する税金を支払わずにPearlトークンを作成、販売したことを認めました。

さらにElmaani氏は、税金の損失が550万ドルを超えることを認めています。

「Amir Elmaani氏は、何百万ドルもの暗号通貨の利益に対する税金を支払うという彼が負うべき責任を怠り、また、彼が創設した暗号通貨に投資した人々の信頼も裏切りました」と、地方検察官のDamian Williams氏はコメントしています。

“仮想通貨市場の参加者はルールに従って行動しなければならず、当局はルールを守らない参加者を追及することに精力的に取り組んでいきます。”

Elmaani氏の不正行為は2017年の9月と10月に遡り、彼は積極的にPearl(PRL)と呼ばれる暗号通貨を宣伝していました。

そして、このデジタル資産は、Oyster Protocol社というブロックチェーンベースのデータストレージプラットフォーム上のデータを取得する手段として、投資家にマーケティングされました。

Elmaani氏、スマートコントラクトを使用して、新しいPRLトークンを発行後に廃棄


2018年10月、Elmaani氏は秘密裏に大量の新しいPRLトークンを生成し、その後市場に売却しました。

「2018年10月29日頃、私は誰にも知らせずに、Oyster Protocolプロジェクトに携わる他の人々を含め、スマートコントラクトを使って新しいPRLを生成しました」と彼は自らの司法取引で述べました。

「その後、これら新しく生成されたPRLをデジタル取引プラットフォームで販売しました。」

さらに、彼はこれら新しく生成されたPRLトークンを購入した対象者が、増加した総供給量を知らなかった可能性が高いとも認めました。

このような退場策からかなりの利益を上げながらも、Elmaani氏は2017年に特許設計事業からわずか15,000ドルの収益を申告して税金申告を行いました。

さらに、2018年には税務当局に対して、収入ゼロを報告しました。

しかし、調査により、2018年にElmaani氏が複数のヨットに1000万ドル以上、炭素繊維複合企業に160万ドル、ホームセンターで大額の費用を費やし、さらに2軒の家を合計で700,000ドル以上で購入したことが明らかになりました。

また、1つの不動産はシェル会社を通じて購入され、もう1つはElmaani氏の関係者2人の名前で登録されました。

検察官はさらに、Elmaani氏が貴金属の取引に広く従事し、そのヨットの金庫に金の延べ棒を保管していたことも明らかにしました。

加えて、Elmaani氏が友人や家族を名義人として雇い、暗号通貨の収益を受け取ってそれを米ドルに変換または送金することで、適切な報告と課税を逃れていたことも明らかにしました。

なお、4年の懲役刑に加えて、Elmaani氏は1年間の監視付き釈放と、550万ドルの賠償金の支払いを命じられています。