BTC 1.18%
$67,949.10
ETH 0.24%
$3,521.32
SOL 4.62%
$181.69
BNB 1.14%
$602.17
XRP -0.29%
$0.59
DOGE 7.05%
$0.14
SHIB 0.60%
$0.000018
PEPE 1.23%
$0.000012
WienerAI(WAI)
限定セール中

OPNX、CoinFLEX債権者に株式25%と10年間で10億OXトークンを提供

Yamada
| 2 min read

OPNX、CoinFLEX債権者に株式25%と10年間で

画像引用先:Pexels

CoinFLEXの利害関係者でありOPNXの創設者でもあるMark Lamb氏は、OPNXの株式25%と10年間で10億OXトークンの配布を含むオファーをCoinFLEX債権者に提供しました。

この提案は、多くの利害関係者が多額の経済的損失に直面した2022年のCoinFLEXの破産後に行われました。

X(旧Twitter)への最近の投稿で、Lamb氏は、CoinFLEX債権者に提示された「公開買い付け」により、破産企業の既存株式をOPNXおよびOXトークンの株式と交換する機会が得られると発現。

この申し出を受け入れた債権者は、債権額に比例して、OPNXの株式25%を共同で受け取ることになります。

さらに、この提案を受け入れた債権者は、10年間権利確定する10億OXトークンを受け取ります。

また、これらのトークンの分配は、受領時間に基づいて2つの債権者のグループに分割されます。

サインアップした債権者の最初の50%はOX割り当ての3分の2を受け取り、次の50%は 3分の1を受け取ります。 これにより、早期の受け入れが促進され、OPNXチームは交換の構築に集中できるようになります。

特に、250,000米ドル未満の請求権を持つ債権者が、割り当てられた期間内にオファーを受け入れた場合は、2倍のOX ボーナスを受け取ります。

このオファーは、250,000米ドルを超える請求を行う債権者には14日間、250,000米ドル未満の請求を行う債権者には30日間有効です。

「この最終提案は、OPNXを前進させ、進行中の交渉を解決するための私たちの努力の集大成です」とLamb氏は記述しました。

“私たちはこの取引をまとめるために債権者たちと行った仕事を誇りに思っており、これが関係者全員にとって最も公正かつ公平な解決策であると信じています。”

CoinFLEXの債権者、CEOのLamb氏を提訴


Lamb氏の「最終提案」は、CoinFLEXの債権者が、新しい取引所OPNXの立ち上げと会社資産の不正使用を巡る受託者義務違反を主張して、CEOで別名ビットコインの神様と呼ばれる初期投資家のRoger Ver氏を訴えた直後に行わました。

先週、現在は廃止されている仮想通貨取引所の債権者らは、破綻した仮想通貨ヘッジファンドThree Arrows Capitalの創設者らと協力して新会社OPNXを設立し、受託者義務に違反したとしてLamb氏を非難しました。

10月12日付の香港民事裁判所への申し立ての中で、債権者らはOPNXをCoinFLEXに関連した「競合事業」と位置づけ、Lamb氏がCoinFLEXを代表して行動したり発言したりすることを禁じられるべきだと述べました。

OPNX、Lamb氏、Roger Ver氏は全員、この訴訟の共同被告として指名されています。

今年初め、現在OPNXのCEOを務め、Mark Lambの妻であるLeslie Lamb氏はLinkedInに投稿し、「CoinFLEXは正式にOpen Exchangeにブランド変更される」と発表しました。

しかし、このブランド変更はCoinFLEXの取締役会や債権者の承認を得られませんでした。

債権者らは、Lamb氏がOPNXを設立するためにCoinFLEXの知的財産、技術、顧客ベース、従業員を流用するという独立的かつ不当な行為を行ったと主張しています。