23 5月 2022 · 0 min read

OpenSeaの新しいマーケットプレイスプロトコルは、NFTの「ユニスワップ・モーメント」になる可能性がある

Source: AdobeStock / JorgeEduardo

 

人気のNFT(non-fungible token)マーケットプレイスOpenSeaは、誰でも新しい分散型NFTマーケットプレイスを立ち上げることができる新しいプロトコルを発表しました。そして、コミュニティの一部のメンバーから判断すると、このプロトコルはNFTの「Uniswapモーメント」になる可能性があります。

OpenSeaによると、Seaportと名付けられた新しいプロトコルの最初の反復は、OpenSea自身によってすでに作成されていますが、誰でも構築できるようにオープンであることを強調しました。このプロトコルでは、NFTの新しい支払い方法、取引の基準、ガス料金を削減するために冗長な送金を排除する新しい手法など、多くの新機能が可能になると報告されています。

さらに、OpenSeaは、このプロトコルによって「ティッピング」が可能になるとも述べており、他のインターフェースの開発者が独自のプラットフォーム手数料を請求するために利用できるとしています。

新しいプロトコルの重要な点は、OpenSeaによってコントロールされていないことと、誰でも利用できる無料のオープンリソースになることです。

「コアとなるスマートコントラクトはオープンソースで、本質的に分散化されており、コントラクトの所有者やアップグレード可能性、その他の特別な特権はありません。」と、オープンシーからの発表にはありました。

OpenSeaは過去に、中央集権的に運営されているとしてユーザーから批判を受けたことがあり、今年3月にはイラン人ユーザーから「事前通知なしにプラットフォームから追放されました。」とクレームがありました。当時、OpenSeaは、米国に拠点を置く企業として、米国の制裁規制を遵守しなければならないと弁明していました。

しかし現在、NFTコミュニティのメンバーは喜んでいるようで、ある人気メンバーのatareh.ethは、分散型取引所Uniswap(UNI)が2020年の「分散型金融(DeFi)の夏」をキックスタートさせたことにちなみ、これはNFTの「Uniswap moment」かもしれないと考えていると述べています。

「おそらく、またすぐにNFTの夏がやってくるのだろう... 」と、このユーザーは書いています

同ユーザーはまた、新しいプロトコルがどのように機能するかをさらに深く掘り下げ、あるNFTを別のNFTと交換したり、誰が取引の相手側になれるか特定の基準を設定したりするなど、より高度な機能に向けて開放されると説明しています。

OpenSeaは2017年に設立され、2018年の暗号弱気市場の間に作り上げられました。それは、ルックスレアだけでなく、イーサリアム(ETH)以外のブロックチェーンに基づくマーケットプレイスによってますます挑戦されていますが、長い間、NFTの支配的なマーケットプレイスでありました。

____

詳しくはこちら: 
- OpenSea Now Supports Solana NFTs in Beta
- OpenSea Boosts Valuation 9X as This NFT Giant Sets Four Strategic Goals

- OpenSea's Trading Volume Remains in a Downtrend Amid Recent Attacks
- Removing LooksRare's USD 8.3B in Wash-Trades, OpenSea is Still the Dominant NFT Marketplace

- Decentralization Debate Heats Up Again as MetaMask, OpenSea Block Users
- Another Expensive NFT Gets Mistakenly Sold at Large Discount - How Does That Happen?