北朝鮮、暗号取引所をハッキングし、兵器開発資金を調達していると国連が発表

Tim Alper
| 1 min read
Source: AdobeStock / Mieszko9

独立制裁モニターは、北朝鮮が核および弾道兵器プログラムの資金調達のための主要な収入源として、暗号と国際暗号取引所の襲撃を使い続けていることを国連(UN)に伝えた。

ロイターが報じたモニターは、国連安全保障理事会の北朝鮮制裁委員会に調査結果を提出した。

同通信は、文書化された調査結果のコピーを見たと主張し、モニターが平壌にとって「サイバー攻撃、特に暗号通貨資産に対する攻撃は、依然として重要な収入源」であると報告したと引用した。

モニターはまた、「北朝鮮のハッカーが金融機関、暗号通貨企業、取引所を標的にし続けているという情報を得た」とし、こう記している。

“加盟国によると、(北朝鮮の)サイバーアクターは2020年から2021年半ばの間に、北米、欧州、アジアの少なくとも3つの暗号通貨取引所から5000万米ドル以上を盗みました。”

2017年から2018年の期間に韓国で行われた暗号取引所への多くのハッキングは、北朝鮮のハッカーのせいとされた。

そして、モニターは、北朝鮮が暗号取引プラットフォームに対して「少なくとも7回の攻撃」を開始し、昨年約4億米ドル相当のコインを持ち逃げしたとする昨年末のChainalysisレポートを参照した。

韓国の主要メディアであるChosunは、北のハッカーが暗号企業やその他のターゲットに対する襲撃の試みからはるかに低い収益を集めているようだと指摘し、新しいレポートの5千万米ドルという数字は、2019年の国連専門家委員会の報告書で平壌によって盗まれたとされる20億米ドルよりも「著しく低い」と述べている。

韓国のセキュリティ専門家はCryptonews.comに対し、韓国のほとんどの暗号取引所は「さまざまなハッキング脅威」に対応してセキュリティネットワークを「劇的に強化」しており、もはや北やその他の国からのハッカーにとってかつてのような「低空飛行の果実」ではないと語っている。

COVID-19の大流行時には国境を完全に閉鎖し、飢餓が広く伝えられたにもかかわらず、北朝鮮は最近、兵器プログラムを強化しているように見える。

平壌が運営するメディア「朝鮮中央通信」は、1月30日に北朝鮮軍が「地上対地中長距離弾道ミサイル」である「華城12号」の実験を行ったと主張し、次のように付け加えた。

“12式兵器システムの精度、安全性、運用効果が確認された “とした。

 

____

詳しくはこちら
– 北朝鮮は17億ドルの暗号ハッキングを「長期的な投資」と考えています。
– 2022年の暗号セキュリティ:さらなるDeFiハック、取引所停止、Noobのミスに備えよ 

– 北朝鮮はスピアフィッシング攻撃で暗号ユーザーを狙っていると国連が発表
– 北朝鮮の暗号ハッカー、今度はロシアの防衛企業を標的に-報告書

– 小規模な暗号取引所は北朝鮮のハッカーにとって「低いぶら下がりの果実」である
– 2021年、分散型金融のハッキングの多くは中央集権が原因だった