Nocturne、Ethereum上でプライベートアカウントを可能にするため、Vitalik Buterin氏やPolychain社、Bankless社、およびBain Capital Crypto社から600万ドルを調達

adobestock-andrii-yalansky

画像引用先:AdobeStock/Andrii Yalanskyi

公共ブロックチェーン上でプライベートアカウントを実現するプロトコルであるNocturneが、Ethereumエコシステムの著名な参加者から数百万ドルを調達し、今後数週間でメインネット上での稼働を目指しています。

今年初めにローンチされたNocturneは、本日、Bain Capital Crypto社とPolychain Capital社が共同でリードする600万ドルのシードファンディングラウンドを発表しました。Ethereumの共同創設者であるVitalik Buterin氏や「Ethereumコミュニティの他のメンバー」の参加もありました。

プレスリリースによると、その他の投資家には、Bankless Ventures社、HackVC社、Robot Ventures社などが含まれています。

同社は、調達資金を使用してNocturneのプロトコルの生産を加速し、それを「様々なエコシステム」全体に展開する予定です。

さらに、絶えず変化する規制環境での法的作業の資金提供にも役立てる予定です。

なお、同社は以前に460万ドルを調達しています。

Nocturne Labs社は、Ethereumエコシステム内の「最も重要なプライバシーとユーザーエクスペリエンスの課題」に取り組むブロックチェーン技術企業です。

同社のユーザーは、プライベートアカウントを介した組み込みプライバシーを利用して取引ができ、これは「公共ブロックチェーンの利便性を大きく前進させる」とNocturne社は述べています。

NocturneのCEOで共同創設者であるLuke Tchang氏は、以下のように主張しています。

“オンチェーンプライバシーは、多くの既存ユーザーにとっての重要な問題点を解決し、新しいユースケースを可能にし、新たなプレイヤーが私たちの業界に参入することを可能にします。”

同社は、数週間以内にメインネットでのローンチを計画していますが、アメリカでは行われません。報道担当者によると、

“メインネットでのローンチは、来月中に行われる予定です。製品は当初、米国のユーザーには提供されません。”

プレスリリースによれば、この初期ローンチは、小売ユーザーに準拠した、非預託のプライバシーオプションを提供します。

これにより、ウォレット、支払い会社、および「その他の戦略的パートナー」との統合が可能になります。

プライバシーが組み込まれた、従来のイーサリアムアカウント


Ethereumブロックチェーン上のすべてのトランザクションとユーザーデータは、デフォルトで透明です。

Nocturneが提供するのは、ステルスアドレス、ゼロ知識証明、およびアカウント抽象化の組み合わせを使用して、公共ブロックチェーン上にプライベートアカウントを有効にすることです。

これらのアカウントは、一般的なEthereumアカウントのように機能しますが、組み込まれた資産プライバシーが付属しています。

報道担当者によると、アカウント抽象化は、ユーザーのプライベートキーの単一の署名チェックからスマートコントラクトに保持される任意のロジックへ、資産の支出のための認証ロジックを移動するパラダイムです。

また、Nocturneは基本的にユーザーの資産が匿名性のためにプールされ、当該シールドされた資産の所有権がステルスアドレスによって示されるアカウント抽象化プロトコルである、と彼らは付け加えています:

“ユーザーは、多くの一時的なステルスアドレスを制御できる単一の支出キーを持っています。”

ユーザーは、Nocturneに資金を預けて、自分のステルスアドレスの1つに送金します。そして、後で任意の匿名の契約相互作用や機密払いに使用するために、ゼロ知識で資産の所有権を証明することが可能です。

プライベート保管インターフェース、決済バックエンド、スマートコントラクトウォレット


広報担当者によると、検討すべきユースケースは数多くあるといいます。

その中には以下のようなものが含まれます:

プライベート保管インターフェース:Nocturneは、メインネットのローンチ時に最初に保管インターフェース(UI)を介して利用可能になります。

このインターフェースを使用すると、ユーザーはアイドル資産をプライベートに保管/収益を得ることができ、トレーディングなどの高度な活動のためにクリーンなバーナーウォレットに引き出すことができます。

これがプロトコルの上に構築された、最初のエンドユーザープロダクトになります。

プライベート決済バックエンド:ユーザーは、受取人の外部所有アカウント(公開ウォレット)に直接支払いをする代わりに、Nocturneに資金を送り、その資金の所有権を受取人のステルスアドレスの1つに割り当てることができます。

これにより、オンチェーン組織のためのシールドされた給与などのユースケースが可能になります。

さらに強力なプライバシー保証(隠された金額)を求める場合、ユーザー/組織は、機密払いを介して、1つのNocturneアカウントから別のアカウントに支払いをすることが可能です。

プライベートスマートコントラクトウォレット:Nocturneのウォレットソフトウェア開発キット(SDK)は、既存のウォレットクライアントに統合され、通常のウォレット体験をサポートしつつ、組み込みの資産プライバシーを提供することができます。

Nocturne製品の最初のバージョンは、このSDKをフロントエンドおよびMetaMask Snapに統合することで、限定的な範囲でこれを行います。

この初期の作業をさらに数段階進めると、理論的にはユーザーが通常どおりに取引できるウォレットを構築することができ、その下で資産プライバシーが組み込まれます。

Bain Capital CryptoのパートナーであるAlex Evans氏は、次のように主張しました:

“プライバシーなしに、許可なしで組み合わせ可能なアプリケーションに対する消費者や機関の需要を満たすことは想像しにくいです。しかし、ほとんどのユーザーが純粋にプライバシーのために新しいプラットフォームを採用することも同様に想像しにくいでしょう。”

Evans氏によると、Nocturneは既存のアプリケーションと資産にプライバシーをもたらすことで、このギャップを埋めることを目指しており、「最低限の要件として機能の同等性を目指しながら」と述べています。

広報担当者は、Nocturneの今後の計画はまだ開発中であると指摘しました。

可能性としては、新しいレイヤー 2(L2)ソリューションの展開とサポート、再帰的無罪証明の実装によるプロトコルの非許可性の改善などが挙げられます。