ナイジェリアの政治家、Patricia Technologies社の仮想通貨ウォレットから24万6,153ドルを盗んだ疑いで逮捕

Yamada
| 2 min read

ナイジェリアの政治家 Patricia Technologie

画像引用先:AdobeStock/Faraz

ナイジェリア警察(NPF)は、Patricia Technologies社の仮想通貨ウォレットから2億ナイラ(約24万6,153ドル)以上が盗まれたことに関連して、政治家の逮捕を発表しました。

X(旧Twitter)への最近の投稿では、NPFはWilfred Bonse氏の逮捕が、NPFの国立サイバー犯罪センターが実施した捜査の後に行われたと述べられています。

同部隊の広報担当官Olumuyiwa Adejobi氏によると、Bonse容疑者はハッカーと共謀し、盗まれた資金から5,000万ナイラ(約6万1,538ドル)を洗浄した疑いで告発されています。

同氏に対する容疑には、犯罪共謀、コンピュータシステムやネットワークデータの不正改ざん、そして2億ナイラを超える資金の不正流用などが含まています。

なお、これらの申し立ては、警察総監に提出された請願書に概説されています。

NPFが発表した声明では、Bonse氏はPatricia Technologies社からの仮想通貨ウォレットの盗難、転換、および不正な資金流用に関与した疑いで逮捕されたことが明らかになっています。

Bonse氏の逮捕、Patricia Technologies社に希望をもたらす


Bonse氏の逮捕は、5月のハッキング事件を受けて厳しい監視に直面していた仮想通貨取引会社Patricia Technologiesにとって、一筋の希望となります。

この侵害は顧客資金の大幅な損失をもたらし、Patricia社は行動を起こすことを余儀なくされました。

顧客の懸念に応えるため、Patricia社は顧客資産の価値を同社のネイティブトークンであるPatricia Token(PTK)に変換し、将来的な返済を約束。

さらに、同社は誠実さと顧客の信頼への取り組みを強調し、PTKを内部顧客保有として導入しました。

また、セキュリティ侵害後の資産回復を促進するために、Patricia社は1つのPatricia Tokenにつき1つのTether(USDT)トークンで保有者に払い戻すことを約束しました。

ただし、PTKはオンチェーントークンではなく、負債を表す内部トークンとして機能し、会社によって管理されることに注意することが重要です。

顧客の懸念にさらに対処するため、Patricia社は10月にDLM Trustをエスクローエージェントとして採用し、顧客の返済分配を容易にするための措置を講じました。

しかしながら、Patricia社とDLMとの間の意見の相違により、信託会社はその関与を撤回しました。

この逆境にもかかわらず、Patricia社は今月中に返済スケジュールを進める意向を再確認しています。

報道されているように、ナイジェリアは米国やヨーロッパ諸国をも上回り、最も仮想通貨に精通している国の1つです。

ナイジェリアの仮想通貨の認知度は99%に達しており、デジタル資産の知識と投資意欲の面でこの国がリードしています。

15カ国から18歳から65歳までの15,158人の調査参加者を対象に、Web3のグローバルな受容とそのユーティリティおよび「技術的な側面」がどのように分解され、将来についてより明確な洞察を提供するかについて、調査が行われました。

その調査データによると、99%が仮想通貨を十分に認識しており、70%がブロックチェーン技術の価値、運用、および基本原理を理解していました。