NFT市場は1日で上昇、1年で1億ドル以上のNFTが盗まれたとエリプティックが発表

Source: AdobeStock / Rokas

ノンファンガブルトークン(NFT)の市場は、過去24時間の間に販売量に救済ラリーが見られたが、ブロックチェーン分析会社エリプティックは、過去1年間に1億米ドル以上のNFTが盗まれていることを明らかにしました。

ブルーチップNFTの全体的な取引量は、過去1日で上昇を見せました。NFTデータアグリゲーターのCryptoSlamよると、木曜日の朝7:00 UTCに、Yuga Labのボアードエイプヨットクラブ(BAYC)は前日比約35%増の2m USDの売上を記録しました。

同様に、ミュータントエイプヨットクラブ(MAYC)、アズキ、クリプトパンクスなどの他の優良コレクションは、過去24時間にそれぞれ約56%、311%、11%、販売量が増加しました。

BAYC、MAYC、Otherdeedなどのトップコレクションのフロア価格も過去24時間にわずかに上昇し、それぞれ約9%、8%、6%上昇しました。

NFT市場の急騰は、イーサリアムマージにつながる最初のアップグレードの日程が9月6日に確定し、マージが9月10日から20日の間に完全に完了すると予想されている矢先のことです。

しかし、NFT市場がまだ2021年初頭の安値に近いことは注目に値します。CryptoSlamのデータによると、イーサリアムブロックチェーン全体の米ドル換算のNFT販売量は、ここ数日で約1200万米ドルまで落ち込み、2022年5月1日に記録した史上最高の628万米ドルと比較して98%以上減少しています。

一方、エリプティック社の最新レポートでは、2021年7月から2022年7月の間に1億米ドル以上のNFTが盗まれていることが明らかになりました。

[NFTと金融犯罪」と題されたこの報告書では、2017年以降、8百万米ドル以上の不正資金がNFTベースのプラットフォームを通じて洗浄されており、これは既知のソースに由来する取引活動の0.02%を占めていることも明らかにされています。

"2021年7月から2022年7月の間に、1億米ドル以上のNFTが詐欺によって盗まれたと公に報告され、加害者は詐欺1件につき平均30万米ドルを手にしました。"と報告書は述べています。"2022年7月には4,600以上のNFTが盗まれ、これは過去最高の月で、暗号弱気市場にもかかわらず、詐欺が衰えていないことがわかります。"と報告されています。

エリプティック社は、米国政府によって制裁されたミキサーサービスであるTornado Cashが、"NFT詐欺の収益の52%に選ばれたロンダリングツールである "と付け加えました。

この夏、分散型金融(DeFi)ハッキングの量が大幅に増加したのに伴い、NFTのトップコレクションやNFTコミュニティのメンバーを標的とした攻撃も増加しました。

既報の通り、BAYCは6月上旬にエクスプロイトでETH 200相当のデジタル資産を失いました。NFTインフルエンサーのZenecaとNFT登録プラットフォームのPREMINTも、7月中旬にハッキングの被害に遭いました

一方、リスクを軽減するために、ソラナ(SOL)ベースのウォレットプロバイダーであるファントムは、スパムNFTを燃やす新機能を発表しました

____

詳しくはこちら: 
- Majority of NFT Collections Reinvest Ethereum Back Into System - Nansen
- Jewelry Giant Tiffany & Co to Sell CryptoPunk NFT Pendants for Ethereum

- Sports NFTs: What are They and Why are They So Popular?
- Top 5 Metaverse Games to Play in 2022

- New NFT Utility Platform Launches to Compete for 60M Twitch, YouTube Creators
- South Korea’s SK Securities to Team up with Regional Bank for Crypto Custody, NFT Move