Love Hate Inuが500万ドル調達!値上げへのカウントダウン開始

Gary McFarlane
| 3 min read

Love Hate Inu

2023年4月20日(木)、仮想通貨世界を席巻するセンセーショナルなミームコイン「Love Hate Inu」は、熱心な投資家がそのLHINUトークンを買い占め、現在行われているプレセールで驚異的な500万ドルを調達しました。

ブロックチェーンを利用した投票制のプロジェクトに参加した人たちは、「Love Hate Inu」のビジネスモデルの革新性とシンプルさに驚嘆しています。

Love Hate Inuは、大勢のミームコインとは一線を画し、「好きな人や嫌いなものに投票する」という、シンプルな方程式を打ち立てました。

FOMOが始まっています。現在0.000115ドルでプリセール中のLHINUは、第6ステージの価格である0.000125ドルに急速に近づいており、現在の価格より8%高くなっています。

Love Hate Inuの発売価格は0.000145で、最初の取引所で取引が始まる前でも、販売終了時に今日の購入者は26%のアップリフトを得ることができます。

第1ステージで購入したホットなプリセール・オファーに常にアンテナを張っている人の場合、販売終了後の利得が70%になります。

Love Hate Inuがトップクラスのミームコインに仲間入り


しかし、Love Hate Inuの投資対効果は、その初回先行販売のリターン率でも伝わらないほど大きなものになると思われます。

LHINUのようなミームコインで、これほど魅力的なユースケースを持つコインで参考になるのは、Shiba InuやDogecoinです。

Shiba Inuは2番目に大きいミームコインです。2020年8月に発売され、その後、722,900倍という驚異的な値上がりを見せています。

SHIBとDOGEはどちらも実用性に乏しく、Dogecoinはまだその傾向が強いと言えるでしょう。しかし、この2つは大きな話題を巻き起こした。

Love Hate Inuは、Inuミームコインのトップブランドのバイラリティと、従来のアンケート業界を覆す可能性を秘めた投票システムの魅力が融合したものです。

投資家たちがLHINUに殺到するのも無理はないです。

Love Hate Inu CEOのCarl Dawkins氏:「私がLove Hate Inuを愛しているのは、バイラリティを体現していること」


CEOのCarl Dawkins氏の就任もあり、プロジェクトのフットプリントは急成長を続けています。

Dawkins氏は、仮想通貨とデジタル資産に関する英国全政党議会グループのアドバイザーで、最近発売された別のミームコインであるTamadogeを、取引量で第3位のミームコインにするために、どこからともなく登場させました。

実際、このコインは過去24時間で82%上昇しています。

今、Dawkins氏はLove Hate Inuを成功させることに注力しています。

「Love Hate Inuの魅力は、バイラリティを体現しているところです。私たちは、すでにこれをとても楽しんでいます」とドーキンスは説明する。

「Andrew Tate氏のデモ投票を見てください。これまでのところ、7,654人が参加してくれています。」

「マーケティングを開始し、パーソナリティの一人が関与しSNSで交流を始めたとき、これがどのように展開されるかを想像してください。」

「私たちは、導入に関して、仮想通貨とメインストリームとの間のギャップを埋めることができるプロジェクトがここにあると、純粋に信じています。」

Love Hate Inuは仮想通貨と相性ピッタリのプロジェクト


Dawkins氏は次のように熱く語りました。 「Love Hate Inuに関して、仮想通貨はこのプロジェクトのために作られたといっても過言ではありません。安全なオンライン投票システムで、その結果は信頼でき、ボット対策も万全です。」

市場調査やブランドエンゲージメント戦略の一環として、本格的な世論調査やアンケート調査に当社を利用したいと考える企業のために、VIP KYCオンボーディングの案件をまとめるべく、現在協議中です。

「500万ドルへの到達が早かったことから判断すると、Love Hate Inuに期待しているのは私だけではないでしょう。」

投票大会に参加するには、Love Hate Inuのホームページにアクセスし、プリセール情報エリアの下にある「Vote Now to Win」ボタンをクリックしてください。

次にすることは、「Vote Love」または「Vote Hate」ボタンのクリックです。投票したら、メールアドレスを入力し、確認します。投票者は、自分がどのように投票したかをSNSで共有することができます。

世論調査のリアルタイムローリング集計では、今現在50:50に分かれています。

以前は、Tate好きがある程度の差でリードしていました。

投票すればするほど特典がもらえる


このプラットフォームが稼動すると、Love Hate Inuのユーザーは、トレンドトピックについて発言したり、重要な問題を取り上げたり、最新のミームセンセーションを生み出すことに貢献することができ、同時に貴重なトークンを獲得することができます。

LHINUトークンをステークすることで、ユーザーは最新の投票に参加し、トークンを獲得することができます。時間が経てば、コミュニティがどのような投票を作るか決めるようになるでしょう。

そのステーキングの仕組みはスマートコントラクトによって保護されているため、スパムや操作を防ぐことができ、また投票プロセスも検証可能かつ匿名です。

Elon MuskはLove Hate Inuに注目するべきかもしれない。Twitterに何千ものボットがいることを考えると、Shiba Inuが好きなのでしょうか?

Love Hate Inuのエコシステムは、投票すればするほど収入が増えるようなエコシステムになっているのも、ユーザーには嬉しいところです。

それだけでなく、プリセールが終われば、LHINUトークンの供給量の90%がホルダーの手に渡ることになります。

最後に、投票システムをプラットフォーム独自のガバナンスのために利用できることも特筆すべき点です。

Dawkins氏は、コミュニティメンバーとの最近のAMAで、投票が純粋にトレンドの問題や人物についてではないことを強調した。

プロジェクトガバナンスの問題で世論調査が行われることもあると説明した

例えば、どのようなデザイン性を採用するかなどの意思決定や、マーケティング予算をどこに使うかといったことまで、コミュニティが関与することができるのです。

最大のステークホルダーに利益をもたらす複雑な分散型自律組織(DAO)構造の代わりに、 Love Hate Inuは公正なシステムと言えるでしょう。

Love Hate Inuの買い方


Love Hate Inuのプリセールは、今のところ今年一番の人気です。アナリストは、Love Hate Inuを今日買うべき最高の仮想通貨の1つとしてピックアップしています。

Love Hate Inuは、総供給量1,000億のうち9割のトークンが公開されているため、フェアなプレセールになっています。

余裕のある配分で、詐欺まがいの開発者やチームメンバーによる引き抜きの心配もないです。

投資家は、ETH、BNB、USDT(Tetherステーブルコイン)を使用して、Love Hate Inuを購入できます。

また、LHINUトークンには権利確定期間がないため、購入者は公開前に購入金額の100%を受け取ることができます。

パラボリックな価格上昇をする可能性のあるアルトコインを探しているなら、Love Hate Inuは今、仮想通貨で最も強いベットの1つでしょう。

Love Hate Inuを購入する