`
. 0 min read

Netflixの新しい暗号資産詐欺のドキュメンタリーは「興奮させる」だけでなく「ラズル・ダズル」でもある

‘Trust No One: The Hunt for the Crypto King’, a video screenshot. Source: Netflix / YouTube

 

カナダの暗号資産取引所QuadrigaCXの崩壊と創設者ジェラルド・コッテンの死に関する謎の状況を探るNetflixの最新ドキュメンタリーは、世界中のトップ10リストの上位を占め、プラットフォーム上で大暴れしています。

「犯罪の首謀者であり、狡猾で計算高く、狡猾な人物を考えるとき、私たちが思い浮かべないのは、ギークな24歳です」と、詐欺であることが判明した取引所の匿名の被害者とされる人物が、映画の予告編で述べています。

コッテンは2018年に他界し、QuadrigaCXの破綻に関する調査により、同取引所と関連事業体が2800万カナダドルの資産しか判明しなかった後、約7万6000人の債権者が約2億1570万カナダドル(1億7270万米ドル)不足することになったとOttawa Citizenは報じています

90分のドキュメンタリー「Trust No One: The Hunt for the Crypto King」は、人気ウェブサイトIMDbでさまざまな評価を得ており、レビュアーの平均スコアは10点満点中6.4点となっています。

「彼は殺されたのか?彼は死を偽装したのか?それとも、ただ死んだだけなのか?Trust No One: The Hunt for the Crypto Kingは、暗号通貨のスーパースターの死について、新鮮で刺激的な考察をしている」とThe Guardianのレビューに書かれており、このドキュメンタリーは「荒々しく、陰謀に満ちている」としながら、「我慢できない」映画であるとしています。

一方、ニューヨーク・タイムズの批評は、イギリス紙と比較して、この映画について あまり肯定的でない見解を示しており、「洞察の空虚さから目をそらすために、騒々しさに頼っている」と述べています

タイムズ紙によると、ルーク・スウェル監督は、「ジャーナリストや専門家に話を聞き、首尾一貫した分析をしている」と述べています。「もしこの映画が、粗雑な実録犯罪の類型よりも、このような明晰さを優先していたなら、資産の購入と陰謀論的なReddit掲示板の両方における投機の危険性について、鋭い窓として浮かび上がっていたかもしれない。しかし、このセンセーショナルなドキュメンタリーは、その根底から破綻しているように感じられる」と同誌は述べています。

____

詳しくはこちら:
Alts Related to Avalanche App Developer Hit by Volatility as Ties to QuadrigaCX Co-Founder Revealed
QuadrigaCX on Netflix

Chaotic QuadrigaCX’s Finances Might Leave Traders Almost Out Of Pocket
QuadrigaCX Users Want to Dig Former CEO Out, Literally

Someone Is Using Netflix’s Squid Game to Pump Token With Multiple Red Flags
‘Scam’ Crypto Exchange Victims Demand Execs Face ‘Maximum’ Punishment

BBC Scraps Show About Millionaire Crypto Trader Over Scam Allegations
German Trial Reveals OneCoin Cryptoqueen’s USD 18.2M London Penthouse