12 10月 2021 · 0 min read

新たな資金調達により、ConsenSysの価値は30億米ドルに達する見込み

Joseph Lubin, Ethereum Co-founder and CEO of Consensys. Source: a video screenshot.

イーサリアム(ETH)に特化したソフトウェア企業であるConsenSysが、同社の価値を約30億米ドルに引き上げるための資金調達を行っていると、フィナンシャル・タイムズ紙が、計画について説明を受けた非公開の情報筋を引用して報じた。

ConsenSys社はその計画を公式には認めていませんが、もしそれが確認されれば、この資金調達はニューヨークを拠点とする同社にとって大きな節目となります。また、イーサリアムの共同創業者であり、ConsenSysの創業者であるジョセフ・ルービンの個人的な財産も拡大する可能性があります。

昨年4月、ConsenSysは、JPモルガン・チェース、マスターカード、UBSなど、金融業界の大手企業を含む投資家グループから、「フォーメーション・ラウンド」と称して約6,500万米ドルを調達したことを発表しました。

昨年8月、ConsenSysは、モバイルアプリとブラウザの拡張機能であり、暗号ウォレットとして機能するMetaMaskの月間アクティブユーザー数が1,000万人を超えたことを発表しました。MetaMaskは、トークンの交換、貸し借り、NFT(ノンファンジブル・トークン)の鋳造と購入、ゲームなどができる分散型ウェブへのアクセスを提供しています。1年間でMetaMaskは1,800%以上の成長を遂げたとのことです。

この急成長を受けて、ConsenSysは、MetaMaskからの年間収益が今後1年以内に10億米ドルに拡大する可能性があると予測しています。

また、有機的な成長に加えて、企業買収によっても事業を拡大している。2020年8月、コンセンシスはJPモルガン・チェースが開発したエンタープライズ・ブロックチェーン部門であるQuorumを買収することを発表しました。Quorumは2016年に立ち上げられ、それ以来、投資銀行大手は国境を越えた支払いのためのメッセージングネットワーク「Interbank Information Network(IIN)」など、多くのプロジェクトで使用していた。買収後、ConsenSysは、既存のロードマップをQuorumに統合しました。

____

もっと詳しく:
- ジョー・ルービン氏が語る「ウォール街から暗号に資産が移る理由 
- ConsenSysの新規事業

- ConsenSys、JPモルガンからエンタープライズ・ブロックチェーンのQuorumを買収
- DeFiとCeFiの融合と「爆発的な」成長がやってくる-BISサミットパネル 

- 投資家はSorareを43億米ドルと評価してNFTに賭ける
- FTXは、投資家が暗号の未来に賭ける中、メガレイズを確認