新しい暗号資産に関する訴訟、アジア諸国の暗号資産規制、雇用の一時停止 + その他のニュース

Source: Adobe/Brian Jackson

 

暗号資産とブロックチェーン関連のニュースを毎日、一口サイズでダイジェストでお届けします - 今日の暗号資産ニュースの水面下で飛び交う話題を調査します。

__________

法律関連ニュース

  • 米国商品先物取引委員会(CFTC)は、「ビットコイン(BTC)先物商品の自己認証に関連して、CFTCに重要な事実について虚偽または誤解を招く陳述をし、または重要な事実を述べることを怠った 」として暗号資産の会社Gemini Trust Company提訴しました。彼らは、「ジェミニによって伝えられた、または省略された特定のステートメントと情報は、提案されたビットコイン先物契約が容易に操作されやすいかどうかに関して虚偽または誤解を招くものであった」と述べています。
  • 労働者が退職金を暗号資産に投資できるようにすることを目指す投資顧問会社ForUsAllは、米国労働省がデジタル資産に関して「細心の注意」を払うようプラン管理者に指示したのは恣意的な行為だとして、同省を訴えました。同省は、ルールメーキングのプロセスを経ず、一般市民や業界代表からの意見を取り入れなかったことで、行政手続法に違反したと同社は述べています。

規制関連ニュース

  • 韓国の金融監督庁(FSS)は、アジア太平洋地域の多くのカウンターパートとアジア諸国の暗号規制の作成に取り組むことに合意したとNewsisは報じています。6月3日、インドネシアの金融規制当局が主催し、中国、日本、オーストラリアの代表者が参加した規制機関の仮想サミットで、FSSの代表者は他の参加者に「(国際)暗号通貨規制システムの必要性の高まり」に留意するよう促し、韓国における「現在の問題」を指摘し、さらなる行動が必要であることを証明する証拠としました。
  • Crypto.comは、ドバイ仮想資産規制当局から仮想資産MVPライセンスの仮承認を受け、暗号資産の交換商品とサービスの完全なスイートを提供することができると発表しました。彼らは、運営ライセンスは、"会社が近いうちにすべての義務付けられた要件を修飾するとすぐに "発行されるように設定されていると付け加えました。

為替関連ニュース

  • コインベースは、市場環境による採用一時停止を「当面の間」延長すると発表しており、合格した内定者の多くも取り消すことになります。
  • バイナンスは、歌手ザ・ウィークエンドの「After Hours Til Dawn」ツアーの公式スポンサーになり、シンクセンターHXOUSEと協力して、ツアー専用のNFTコレクションと、共同ブランドのツアーグッズを発売すると発表しました。また、参加者のバーチャルチケットの半券から記念のNFTにアクセスすることができ、ファンにとって「ユニークな体験」を提供することができると、彼らは付け加えています。

ステーブルコイン関連ニュース

  • ステーブルコインプロトコルBeanstalkは、最近のガバナンス悪用時にプロトコルから盗まれた7700万米ドルの流動性を回復し、悪用前の参加者をさらに再資本化するための資金調達「The Barn Raise」を6月6日に開始することを発表しました。Beanstalkは、2つの別々のセキュリティ監査が完了した後に正式に再開され、7月上旬に再開される見込みであると付け加えました。

マイニング関連ニュース

  • Bitzeroは、米国ノースダコタ州を本社とし、北米の全事業の拠点とすることを発表しました。さらに、今後2〜3年の間に同州に200メガワットのデータセンターを建設する計画で、州のデータ要件に対応することが具体的な目的であるといいます。
  • ビットコインマイナーのRiot Blockchainは、2021年5月の生産量BTC 228と比較して、2022年5月に約104%増のBTC 466を生産したと発表しました。また、同月中にBTC 250を売却し、約750万米ドルの純収益が発生しました。