Neon EVM、テストネットで異なるトークンで取引手数料を支払う機能を導入

Yamada
| 2 min read

Neon EVM、テストネットで異なるト

画像引用先:Neon EVM

Solana上のEthereum仮想マシンであるNeon EVMは、ガス代金の代替支払いとして、複数のトークンのテストネットサポートを発表しました。

TheBlockの11月17日の独占報告によると、ユーザーはプラットフォームのネイティブトークンであるNEONではなく、SOLやUSDC、USDTなどのステーブルコインを使用して取引手数料を支払うことができるようになりました。

さらに、開発者はNEONトークンを必要とせずに、EthereumからSolanaへトークンをブリッジし、Neon EVMエコシステムの分散型アプリケーション(dApps)に統合することが可能です。

このアップデートは、決済用のさまざまなトークンをユーザーに提供し、Neon EVMエコシステムでの全体的な体験を簡素化します。

支払い機能は、今後数週間以内にDevnetで、2024年第1四半期(Q1)にはMainnetで稼働する予定です。

今後、Neon分散型自治組織(DAO)が、Neon EVMが取引手数料の支払いのために追加のトークンのサポートを統合するかどうかを決定することになります。

Neon財団のディレクターであるMarin Guryeva氏は、Neon EVMプラットフォームに大幅な改善を導入できることに興奮していると述べました。

同氏は、この新しい開発はdAppsに比類のない柔軟性を提供し、ユーザーに対してより低い取引コストと利便性を提供するというプラットフォームのコミットメントを強化すると付け加えました。

Neon EVMとSolanaブロックチェーンのユニークな関係


Neon Labsは2023年7月17日に、もともとEthereum上で構築されたdAppsを、Solanaブロックチェーン上でシームレスに動作させる技術を導入しました。

Guryeva氏は、Ethereumはインフラに関してdApp開発者やユーザーに多くを提供する成長中のブロックチェーンエコシステムであると述べました。

一方、Solanaはその技術的能力と次の新興市場としての位置づけから、より魅力的であるとされています。

同氏はまた、Neon EVMによってdApp開発者はSolana市場を活用し、インターフェースやツールに違いがない没入感のある経験を楽しむことができると強調しました。

Neon EVMがSolanaに登場する前は、Ethereumには取引の処理方法に関する制限的な要因がありました。そして、スマートコントラクトは順次実行される必要があり、1つのコントラクトがブロックチェーンの状態を線形に変更できるようになっていた。

これに対し、Solanaは「Sealevel」と呼ばれる最先端の機能を用いたトランザクションの並行実行において優れており、バリデーターで可能な限り多くのコアを使用し、不要な遅延を避けることができます。

現在Solanaで動作しているNeon EVMは、EVMを使用している誰もがEthereumトランザクションをSolanaに移植することを可能にします。

このアプローチにより、Curve、MakerDAO、Uniswapのような人気のあるアプリケーションを、より少ない摩擦とリソースでSolana上にネイティブに構築することができます。

さらに、クロスチェーンのEVMソリューションとして機能するNeon EVMは、これらのdAppsがSolanaの利点、たとえばより速い取引処理(高スループット)、迅速なブロックの確認(速いブロックタイム)、ガス代金の節約などにアクセスするための橋渡しをします。

最近、取引手数料の支払い方法としてSOL、USDC、USDTをサポートすることにより、Neon EVMは「空のタンク」の問題を解消しました。

これは、開発者やトレーダーが、取引手数料をカバーするために別のウォレットからNEONを購入しなければならない状況で、仮想通貨ウォレットからの発信取引を処理できない場合に発生します。

今後、Neon EVMはイノベーションを続け、今後数ヶ月でより信頼性の高いソリューションへと進化し続けるでしょう。