Neo、MEV攻撃を防ぐためのEVM互換サイドチェーンを発表

Neo、MEV攻撃を防ぐためのEV

画像引用先:Pixabay

オープンソースのブロックチェーンプラットフォームであるNeoは、分散型金融(DeFi)セクターでの能力を拡大することを目的とした、新しいEthereum Virtual Machine(EVM)互換のサイドチェーンの開発計画を明らかにしました。

サイドチェーン、NEO N3メインネットとの相互運用性を提供する予定


CryptoNewsと共有されたプレスリリースで、NeoはそのサイドチェーンがNeo N3(メインネット)と完全な相互運用性を持つと発表しました。これには、委任されたビザンチン・フォールトトレランス(dBFT)といった主要なNeoの特徴も維持されます。

これにより、ネットワーク内での取引がより速く、スケーラビリティが向上し、公平性も高まるでしょう。開発者もNeo-VMのマルチ言語開発環境から利益を得ることができ、好みのプログラミング言語でスマートコントラクトを作成する柔軟性が与えられます。

近年、DeFiはブロックチェーン空間で目立つアプリケーションとして台頭しています。しかし、Miner Extractable Value(MEV)攻撃の脅威がその潜在能力に影を落としています。

これらの攻撃は、DeFi取引のトランザクション詳細の透明性を悪用し、多くの場合、フロントランニングやサンドイッチ攻撃のような問題を引き起こします。

ユーザーはトランザクションの内容とメタデータを暗号化することが可能に


これらの懸念に対処するために、Neoのサイドチェーンは高度なセキュリティ対策で設計されています。それにはトランザクションを「暗号化」するオプションがあり、ユーザーはトランザクションの内容とメタデータを暗号化し、潜在的な攻撃者から機密情報を保護することが可能です。これにより、潜在的な攻撃者からの機密情報を保護します。

ユーザーはまた、プライバシーを強化するためにプロキシコントラクトを利用することもでき、自分たちの身元を隠し、悪用を抑止することが可能です。これらの対策は、NeoのdBFT合意メカニズムと組み合わせて、より安全で公平な取引環境を作成することを目指しています。

Neoの創始者であるDa Hongfei氏は、以下のように述べました:

“今年、私たちは新しい章に取り組みます。東と西のゲートウェイとしての香港とその独特の位置を受け入れ、よりオープンで積極的なNeoコミュニティの夜明けを迎えることになります。”