FTXのマーケティングチームにNBA、MLB、Eスポーツ、そしてビューンチェン&ブレイディが参加

Sead Fadilpašić
| 3 min read

米国のモデル、活動家、実業家であるジゼル・ブンチェンとアメリカンフットボールのスター選手であるトム・ブレイディは、暗号デリバティブ取引所FTXに資本参加し、アンバサダーとして事業の慈善活動にも取り組んでいきます。

出典: A screenshot, Instagram/tombrady

The company said that the couple entered a long-term partnership with West Realm Shires Services Inc., FTX Trading Limited, and Blockfolio Inc., the companies behind FTX.US, FTX.com, and Blockfolio, respectively – collectively referred to as ‘FTX’.

As part of the deal – described as another example of the crypto and digital asset industry gaining credibility and acceptance outside of crypto and finance spheres – both Bündchen and Brady will be taking an equity stake in FTX Trading Limited and both will receive crypto. The amounts haven’t been disclosed.

Furthermore, Brady will serve as an Ambassador for FTX, being responsible for “elevating all FTX brands to a new audience through a variety of initiatives.” Meanwhile, Bündchen will become FTX’s Environmental and Social Initiatives Advisor, playing “a key role in driving forward existing initiatives such as reducing FTX’s carbon footprint and promoting equality and diversity.”

The duo will work with FTX CEO Sam Bankman-Fried on the charity side of the deal, and both the celebrities and the platform committed to providing an annual multi-million contribution to charity throughout the duration of the partnership. Bündchen will be working with the FTX group on choosing the charities based on the amount of positive impact they’d have, said the press release.

Brady shared that “this particular opportunity showed us the importance of educating people about the power of crypto while simultaneously giving back to our communities and planet.”

The announcement added that FTX will “help guide” the couple through their ongoing education on this asset class, adding that they have opened their Blockfolio accounts to invest and trade crypto.

Meanwhile, FTX has been strengthening its marketing efforts with a deal with Major League Baseball earlier this month, also renaming the Miami Heat’s National Basketball Association stadium to FTX Arena, and securing a USD 210m deal in e-sports.

As reported, FTX will be valued at USD 20bn with the completion of the upcoming funding round, while just a year ago, it was valued at USD 1bn.

同社によると、夫妻は、FTX.US、FTX.com、Blockfolioをそれぞれ運営するWest Realm Shires Services Inc.、FTX Trading Limited、Blockfolio Inc.と長期的なパートナーシップを締結しました。

ブンチェン氏とブレイディ氏は、この取引の一環として、暗号やデジタル資産業界が暗号や金融の分野以外で信頼性と受容性を獲得しているもう一つの例として、FTX Trading Limitedに資本参加し、両者は暗号を受け取ることになります。金額は公表されていません。

さらに、ブレイディはFTXのアンバサダーを務め、”さまざまな取り組みを通じて、すべてのFTXブランドを新たな視聴者にアピールする “責任を負います。一方、ブンチェン氏はFTXの環境・社会イニシアチブアドバイザーとなり、「FTXの二酸化炭素排出量の削減や、平等と多様性の促進など、既存のイニシアチブを推進する上で重要な役割を担う」としています。

二人はFTXのCEOであるサム・バンクマン・フリード氏と協力してチャリティ活動を行い、セレブリティとプラットフォームはパートナーシップの期間中、毎年数百万ドルのチャリティ活動を行うことを約束しています。プレスリリースによると、ブンチェン氏はFTXグループと協力して、ポジティブなインパクトを与えることができるかどうかを基準に慈善団体を選ぶ予定です。

ブレイディは、「この機会に、人々に暗号の力を知ってもらうと同時に、コミュニティや地球に恩返しをすることの重要性を学びました」と述べています。

この発表では、FTXが夫妻のこの資産クラスに関する継続的な教育を「支援する」とし、夫妻が暗号への投資と取引のためにBlockfolioの口座を開設したことを付け加えています。

一方、FTXは、今月初めにメジャーリーグベースボールとの契約を結んだほか、マイアミ・ヒートのナショナル・バスケットボール・アソシエーションのスタジアムをFTXアリーナに改称し、eスポーツで2億1000万米ドルの契約を獲得するなど、マーケティングを強化しています。

報道されているようにFTXは、わずか1年前には10億米ドルの評価を受けていましたが、今回の資金調達ラウンドの完了により、200億米ドルの評価を受けることになります。
____
もっと詳しく:
Crypto.com、フォーミュラ1の発足、グローバル、NFTパートナーになる
2021年のレバレッジ取引プラットフォーム5選(証拠金取引経験者向け