マネーグラム、リップル社との提携を解消してビットコインに移行

米国の大手送金会社であるマネーグラムは、ビットコイン(BTC)キオスク事業者であるCoinmeと提携し、今年、米国および一部の海外市場で数千の新しい販売拠点からなるネットワークを通じて、最も人気のある暗号通貨を現金で売買できるようにします。

出典: iStock/yevtony

マネーグラムの会長兼CEOであるアレックス・ホームズは、声明の中で、今回の提携により、「Coinmeとの間でブリッジを構築してビットコインと現地のフィアット通貨をつなぐことにより、当社が初めてcrypto-to-cashモデルを開拓することで、当社のビジネスをまったく新しい顧客層に開放する」と述べています。

2021年後半には、このパートナーシップを海外の一部の市場に拡大することを目指しているとのことです。両社は、現在、世界には約2万の暗号通貨キオスクがあると推定しており、このベンチャー企業は強力な市場プレーヤーとなるでしょう。マネーグラムは国境を越えた取引に重点を置いているため、海外市場でのパートナーシップの足掛かりになるかもしれません。

CoinmeのCEOであるNeil Bergquistは、マネーグラムのグローバルなインフラを「当社のライセンスを取得した暗号交換技術と統合することで、現金を使ってシステム全体で暗号通貨の売買を可能にすることができる」とコメントしています。

マネーグラムとCoinmeの間で達成された統合は、「顧客が現金でビットコインを購入し、保有するビットコインを現金で引き出すための迅速かつ容易な方法を提供します。これは、初めてビットコインを活用することに興味を持つ可能性のある顧客のために特別に設計されています」と声明は述べています。

Bergquist氏がCryptonews.comに語ったところによると、Coinmeは今日から約12,000カ所の小売店を開設し、米国内の一部のMoneyGramの店舗で顧客が現金でビットコインを売買できるようにします。

“マネーグラムの米国での展開は2万カ所以上を予定しており、今後数週間のうちに完全に稼働させる予定です。マネーグラムの米国での本格展開には2万カ所以上の拠点が含まれ、今後数週間で完全に稼働する予定です。”現在、当社のコイン対応Coinstarキオスクは、47州の6,000ヵ所以上で利用できます」。

XRP系列のリップル社が、マネーグラム社との提携をいったん終了したことを発表した後の最新の動きです。終了した契約では、マネーグラムは国際的な決済取引にXRPトークンを使用していました。しかし、リップル社が米国証券取引委員会(SEC)との間で法的トラブルを起こした結果、送金事業者は現在、リップル社との提携やXRPの法的地位について虚偽および/または誤解を招くような記述をしたという主張に基づく集団訴訟に直面しています。
____
もっと詳しく:
調査対象者の40%が1年以内に暗号を使用する予定 – Mastercard
DogecoinとAltcoinsが急増する中、支払いにおけるBitcoinの優位性は低下 – BitPay

PayPalのVenmo、ビットコインやイーサリアムなどの暗号サービスをロールアウト
今回のブルランで変化するのはビットコイン価格だけではない
___
(Updated at 13:33 UTC with a quote from Neil Bergquist, CEO of Coinme.)