ミームコイン成功の鍵はアニメ好きが握る。Kai Cat(KAI)は成功できるのか?

Naoki Saito
| 1 min read
免責事項:本記事はプレスリリースです。CryptoNews Japanによる編集内容ではありません。

2024年の仮想通貨パフォーマンス

ビットコイン(BTC)は3月中旬、2年ぶりとなる過去最高値を更新しました。しかしその後の暗号資産(仮想通貨)市場は、下落の傾向を見せています。

それにもかかわらず、5月のミームコイン市場は好調ぶりを見せています。

FLOKIは34%、PEPEは110%上昇。また、2021年1月仮想通貨ブルランをリードしたReddit WallStreetBetsメンバーが3年ぶりにSNSに復帰したことで、Gamestop(GME)トークンも100%以上チャートを上昇を見せました。

さらに、ビットコインETFの発行者VanEckは、ミームコインインデックス商品を立ち上げています。

犬系ミームは時代遅れなのか?


ドージコイン(DOGE)、ぺぺコイン(PEPE)、ボンク(BONK)などの仮想通貨は、すでに何百万人ものユーザーと小さな経済圏を形成中。それぞれの時価総額は、210億ドル、46億ドル、15億ドルとなっています。

過去、ドージコインは46億ドル、ペペは15億ドルの「ジョーク」プロジェクトであったことを考慮すると、今後も将来的により大きくなっていく可能性があると考えられます。

しかし、それぞれ今では古いミームコインです。また、CryptoBubbles.netのグラフが示すように、これらの仮想通貨の収益率は落ち込んできています。

つまりこれらは、2020年投資することを逃した投資家にとって、資産を大きく成長させる対象ではなくなってきています。

多くの人々はミームコインで大きなリターンを得ることは逃しますが、もっとも成功したプロジェクトへ早期で参入した投資家のリターンは、ビットコインやほとんどの株式をばかげていると感じるほどに信じがたいものとなります。

アルトコイン市場で人気の的


PEPEはすでに成功したプロジェクトであるため、1年後には保守的な投資先となってる可能性があります。

犬もカエルも成長する可能性が薄れてきた今、次に大きく成長できる新しいミームコインはどこで誕生するでしょうか?

その鍵を握るのは、「アニメ好き」となっています。

ドージコインは最初のミームコインであり、執筆時点で時価総額でトップ10に入る仮想通貨です。この成功を支えたのは、2013年のドージミーム画像です。

また柴犬は、日本で人気のある犬種なので、多くのアニメ好きから支持されています。

一方、ペペミームはアニメの大ファンである4chanボードで人気になりました。

そこで2024年第2四半期、アルトコインコミュニティで注目を集めている1つの要素は、愛らしさを兼ね備える「猫」のミームです。

猫ミームはイーサリアムでトレンドとなるのか?


プレセールを開始したKai Cat

アニメ好きは今、猫ミームに夢中です。

Google検索によると、「アニメ犬」の検索結果は1億4800万件に対し、「アニメ猫」の検索結果は17億件ヒットします。

そんな中、イーサリアム上で猫ミーム文化を尊重した新しいミームコインKai Cat(KAI)が誕生。5月開始したプレセールでは、割引価格でお宝コインへ投資したい多くのアルトコインハンターの注目を集めています。

同じく猫ミームであるPopCat(POPCAT)は今年初め、目立った成功を収めたことで、確実かつ安全に資産を膨らませようとしている投資家にとって、同プロジェクトは注目の的となっていくでしょう。

X(Twitter)Telegram