マカフィーの死と法廷闘争、ワールドコイン・フォー・アン・アイ、ETCのアップグレード+その他のニュース

| 3 min read

Cryptoassetとブロックチェーン関連のニュースを毎日、一口サイズでお届けします – 今日の暗号ニュースのレーダーの下で飛んでいるストーリーを調査します。
______

出典: Adobe/MiaStendal

法律ニュース

  • 先週、ジョン・マカフィー氏がスペインの刑務所で死亡したことにより、米国政府は、ソフトウェア業界の大物が支払うべき税金(420万米ドル)と、暗号資産を推進して得たとされる不正な利益(2,300万米ドル)を回収しようとする意図が複雑になっていると、Bloombergが報じました。”米国政府は今後、長期的で費用のかかる訴訟の見通しと、回収できるかどうか分からないがあまりお金が残っていない可能性とを比較検討しなければならない」と報じています

アルトコインのニュース

  • シリコンバレーのビジネスインキュベーター「Y Combinator」の元代表であるサム・アルトマンが共同設立した米国のスタートアップ「Worldcoin」は、「地球上のすべての人にシェアを与えて立ち上げる新しいグローバルなデジタル通貨」を開発するために、Andreessen Horowitz、Coinbase Ventures、LinkedIn創業者のリード・ホフマン、Day One Venturesなどの投資家から2500万米ドルを調達したとBloombergが報じた。また、同社は人の虹彩をスキャンして固有の個人識別子を構築する装置を設計したとし、現在、ボランティアに目をスキャンしてその過程をフィードバックする代わりに、ビットコイン(BTC)を中心とした他の種類のデジタルコインを提供していると付け加えている。
  • イーサリアムクラシック(ETC)ネットワークは、7月下旬に予定されているMagnetoアップグレードを実施するためにハードフォークを行うと発表しました。このアップグレードには、イーサリアム(ETH)ベルリンのアップグレード機能が含まれており、そのためネットワークのセキュリティやガス料金に取り組む特定のイーサリアム改善提案が行われます。

投資ニュース

  • ブルームバーグによると、投資運用会社のアーク・インベストメント・マネジメントは、ARK 21Shares Bitcoin ETFと呼ばれるBTCの上場投資信託(ETF)を米国証券取引委員会(SEC)に申請し、ARKBで取引されることになった。このETFは、BTCを保有することで、暗号資産への直接的なエクスポージャーを提供します。
  • デジタル資産管理会社のCoinSharesよると、デジタル資産投資商品は4週連続で合計4,400万米ドルの資金流出があった。否定的な感情のほとんどはETHに集中しており、純流出額は合計5,000万米ドルで、過去最大となった。ビットコインでは、流出額は130万米ドルと軽微で、7週連続の流出となりました。
  • 銀行大手のモルガン・スタンレーは、自社のヨーロッパ・オポチュニティ・ファンドを通じて、グレースケール・ビットコイン・トラストを28,289株購入したことがSECへの提出書類で明らかになった。提出書類によると、購入額は約130万米ドル。
  • Blockchain analytics platform Nansen has raised USD 12m in a Series A funding round led by investor Andreessen Horowitz (a16z), with participation from Skyfall Ventures, Coinbase Ventures, imToken Ventures, and others. The funds will be used to enhance user experience, build the platform further, and increase support for blockchains and layer 2 solutions, they said.
  • ブロックチェーン分析プラットフォームのNansenは、投資家のAndreessen Horowitz(a16z)が主導するシリーズA資金調達ラウンドで1200万米ドルを調達し、Skyfall Ventures、Coinbase Ventures、imToken Venturesなどが参加しています。この資金は、ユーザーエクスペリエンスの向上、プラットフォームのさらなる構築、ブロックチェーンやレイヤー2ソリューションのサポート強化に使用されるとのことです。
  • Financial Reviewによると、金融スマートコントラクトネットワークのTracer DAOは、最近の資金調達ラウンドで590万豪ドル(約450万米ドル)を調達しました。
  • Eメールによるリリースによると、ブロックチェーンベースのビッグデータスタートアップであるIAGONは、シードおよびプライベート資金として340万米ドルを調達しており、このラウンドはクリプトアドバイザリーであるLedgerLink Labsが主導した。今回の資金調達により、同社はブロックチェーンネットワーク上で調整された分散型グリッドコンピュータのストレージと処理能力を利用するためのスケーラブルなプラットフォームを展開することができます。

エクスチェンジニュース

  • CryptoassetプラットフォームのCoinbaseは、ドイツの連邦金融監督局(BaFin)から、暗号カストディ事業ライセンスを取得しました。発表によると、これは同国で発行された最初のライセンスであり、BaFinはすでに暗号に特化したチームを編成しているという。
  • また、Coinbaseは、伝統的な貯蓄口座に代わる高利回りのサービスとして、”あなたの米ドルコインに対して4%のAPY “を提供すると述べています。米国の適格な顧客を対象に事前登録を開始したとし、”あなたの貸し出されたクリプトは、FDICやSIPCの保険では保護されない “と付け加えた
    Krakenは、対応する70以上のcryptoassetsの入金手数料をゼロにしたという。また、同取引所は、”長期的な野望の1つである、取引所からのDeFi製品およびサービスの提供に向けて、準備を進めている “と述べている。これらの計画について、他の詳細は示されていない。

規制に関するニュース

  • ロイター通信によると、英国金融行為監督機構(FCA)への規制申請を取り下げる暗号会社の数が増えており、1ヶ月前の51社から現在は64社が取り下げているという。登録されているのは6社のみで、現在FCAが積極的に評価している企業も多数あります。

DeFiニュース

  • 金利プロトコルのCompound Labsは、非暗号ネイティブの企業や金融機関がCompound(COMP)プロトコルの機能を利用できるように設計されたサービス「Compound Treasury」を発表した。このサービスでは、秘密鍵の管理、crypto-to-fiatの変換、金利の変動など、プロトコルに固有の複雑さを取り除くことができるという。
  • 分散型機械学習のための人工知能ラボFetch.aiFET)は、DeFiエージェントツールキットの提供開始を発表しました。DeFiアプリを活用することで、ユーザーは事前に定義された条件に基づいて、あらゆるUniswap V2やPancakeSwapプールから流動性を自動的に引き出すことができるようになる、とメールで発表されています。