Mastercard、オーストラリア準備銀行とのパートナーシップによるラップ式CBDCトライアルの成功を発表

master-card

画像引用先:Mastercard

Mastercardは、さまざまなブロックチェーンネットワーク上で中央銀行デジタル通貨(CBDC)のラッピングを可能にする、革新的なソリューションのデモンストレーションに成功したと発表しました。

このソリューションは、オーストラリア準備銀行(RBA) およびデジタル金融協力研究センター (DFCRC) と実施された研究プロジェクトの一環として、Mastercard、Cuscal、Mintableのコラボレーションから生まれました。

Mastercardによれば、この取り組みの主な目的は、オーストラリアにおけるCBDCの潜在的な応用を探ることです。

これには、ライセンスを取得したサービスプロバイダーによる顧客確認(KYC)検証とリスク評価を受けた認可された団体のみが、パイロット CBDC を所有、利用、引き換えできるようにするための厳格な管理が組み込まれています。

これにより、消費者はさまざまなブロックチェーン間で取引を行う際のセキュリティとシンプルさが強化されます。

Mastercardは、ライブ環境でプログラムのデモンストレーションを披露し、パイロットCBDCの保有者がイーサリアムパブリックブロックチェーンにリストされている非代替トークン(NFT)を購入できるようにする方法についての洞察を提供しました。

このプロセスには、RBAのCBDCプラットフォーム上で必要な量のパイロットCBDC をロックし、イーサリアムネットワーク上で同量のラップされたパイロットCBDCトークンを生成することが含まれていました。

さらに、このパイロットプログラムでは、Mastercardが2023年6月に導入した、マルチトークンネットワークの2つの基本的な側面を活用しています。

このネットワークは、ブロックチェーン技術を使用した、より効率的な支払いおよび商取引アプリケーションのフレームワークを提供。

これには、ブロックチェーンネットワーク上で安全にやり取りするための、共通の検証基準とインフラストラクチャを確立するシステムであるMastercard Crypto Credential が含まれます。

加えて、相互運用性も提供され、サポートされている複数の支払いトークンとネットワークにわたる機能をスケーラブルな方法で使用できるようになりました。

Mastercardは他にも、このテスト取引の重要な要件は、買い手と売り手の両方のイーサリアムウォレット、およびNFTマーケットプレイスのスマートコントラクトであることを強調しました。

MintableのCEO 兼創設者であるZack Burcks氏は、今回の提携について次のようにコメントしています。

“Mastercardと協力して、私たちはデジタル通貨とNFTがシームレスに統合できるシナリオを特定。詐欺や盗難を根絶し、文書や記録を失うリスクを排除し、商取引の新たな機会を解放します。”

オーストラリア中央銀行がCBDCパイロットプログラムを完了


オーストラリア中央銀行は、CBDCが国にもたらす潜在的なメリットを積極的に調査してきました。

最新のラップ式CBDCトライアルに先立って、オーストラリア中央銀行は、独自のCBDCのトライアルを完了していました。

8月23日、同行とデジタル金融協力研究センターからの44ページの報告書で結論が明らかになりました。

パイロットプログラムでは、CBDCが改善をもたらす可能性のある、4つの主要領域を特定。

その1つは、既存の支払いシステムではサポートされていないより複雑な支払い手配を可能にすることで、「よりスマートな」支払いを促進することです。

この調査では、CBDCがどのようにして拡大する民間デジタル通貨セクター内のイノベーションを刺激し、債券市場における金融イノベーションをサポートし、より広範なデジタル経済における包括性と回復力を向上させることができるかについても焦点を当てています。

報告書ではまた、パイロットプログラムに参加した16社からのさまざまな提案について概説し、同時かつ瞬時の取引決済である「アトミック決済」を可能にするCBDCの潜在的な利点を強調しました。

さらに、CBDCのプログラマビリティは、さまざまな複雑なビジネス プロセスの効率を向上させ、リスクを軽減できる潜在的な機能強化として注目されています。

ただし、分析ではCBDCの導入により、オーストラリアの決済エコシステムの特定の側面における効率と回復力が向上する可能性があるとしても、CBDCの潜在的な利点を十分に調査するにはさらなる研究が必要であると結論付けられました。