マーク・ザッカーバーグ氏のビジョン: メタバースへの道を導くAI

Mark Zuckerberg's vision AI leading the way to the Metaverse

画像引用先:Instagram/Mark Zuckerberg

Meta社のCEO、マーク・ザッカーバーグ氏は、ペースの速いメタバースレースにおけるリーダーシップの追求に、今後も全力で取り組んでいくことを明らかにしました。

YouTubeにアップロードされた、The Vergeとの最近のインタビューの中で、ザッカーバーグ氏は、メタバースの強力な系譜を確立するための鍵は、今後数カ月間の人工知能 (AI) の進歩にあると述べました。

ザッカーバーグ氏は、より多くの背景を提供して、仮想現実と拡張現実の世界がAIと重要な形で交差することになると説明しました。

この目標を達成するために、Meta社のフロントマンは、生成AIが今後数か月以内に Facebook、Instagram、WhatsApp の標準機能になるだろうと述べました。

現時点では、同社は製品ラインナップ全体でデジタルアバターの販売に注力しています。

また、Meta社はメタバースとして知られる3D没入型の世界に多額の投資を実行しています。

同社は、2021年10月にFacebookグループからMetaグループにブランド名を変更。しかし2年後、メタバース戦略に数十億ドルを投資したにも拘らず、ソーシャルメディアネットワークはまだ大きな成果を上げていません。

それでも、ザッカーバーグ氏はこのビジョンへのこだわりを堅持し続けています。

技術部門のトップは、AIがデジタルアバターを大幅に強化すると強調。個人は仮想現実(VR)空間に没入し、AIのデジタルアバターとコミュニケーションできるようになるといいます。

AIアプリケーションを取り巻くこの社会的側面により、企業、アーティスト、個人は、対話し、交流し、ゲーム体験に参加できるAIアシスタントを所有できるようになります。 ザッカーバーグ氏は、これがテクノロジー企業の短期的な目標であると説明しました。

また、ザッカーバーグ氏は、メタバースのアイデアに対する確固たる決意を説明して、次のように述べました。

“こうしたものの積み重ねが、人々との交流に役立つと思います。それが私たちの自然な空間だと思います。”

しかし、ザッカーバーグ氏の1時間にわたるインタビューの焦点はこれだけではありませんでした。 彼はまた、Meta社が有名な眼鏡会社であるRay-Banとコラボし、最近販売をスタートさせたスマートグラスについても詳しく説明しました。

同氏は、画像と形状の品質、および生成AIが大幅に進歩したことが、開発を決定した理由であると話しました。

これらの重要なコンセプトはシームレスに統合され、スマートグラスのイノベーションへの道が開かれました。 ユーザーは、24時間利用できる仮想アシスタントやコンパニオンを備えたAI搭載スマートグラスを使用して、タスクの実行が可能に。

さらに、ザッカーバーグ氏は、スマートグラスはより主観的な出力を得るためにユーザーが経験したことを見たり聞いたりできるため、フォームファクターとしてAIにとって強力な力であると指摘しました。

決して順風満帆ではない


2022年11月の有名な発表以来、人工知能はテクノロジーエコシステムの最愛のパートナーになりました。

OpenAI社のChatGPT が主導することで、AIの世界には現在、人間レベルのインテリジェンス ソフトウェアを備えた新しいサービス、ビジネス、製品が溢れています。

しかしながら、Microsoft社に資金提供されたOpenAIは、依然として先頭を走っています。 AIソフトウェア大手は最近、仮想AIチャットボットがインターネットを探索できるようになったと発表。これにより、ソフトウェアは引用された情報源に直接リンクされた、関連性のある最新の信頼できる情報を提供できるようになります。

この販売開始前は、ChatGPTソフトウェアによって共有されるすべての情報は、2021年9 月に限定されていました。

最も近い競合相手が大幅なリードを保っているにもかかわらず、ザッカーバーグ氏はMeta社のこの分野での急速な躍進について、楽観的な見方をしています。 同氏によれば、Llama2 のテクノロジーとMeta AIの統合により、レースに勝ち残るために必要な競争力がもたらされるとのことです。

さらに、テクノロジースタックは、今後数カ月間にビジネスの運営方法を再構築する上で極めて重要な役割を果たすことが期待されています。

Meta社の本社には楽観的な雰囲気が漂っていますが、実際には、同社は財務上の課題に直面しています。

同社の利益は57億ドルに急減し、74億ドルを確保した2022年の業績から23%減少しているのです。