Liquid Staking SolutionのLido、コミュニティ投票に続きSolanaのステーキングを終了

Yamada
| 1 min read

solana

画像引用先:Unsplash/GuerrillaBuzz

分散型リキッドステーキングプラットフォームLido Financeは、DAOコミュニティの投票により、Solana(SOL)での運用を終了することになりました。Lidoのブログ投稿によると、Solanaステーキング製品のシャットダウンプロセスは「間もなく」開始され、段階的に廃止される予定です。

“多くの議論とLido DAOメンバーによる投票の後、Solana上のLidoを終了させるのが最善の行動であると決定されました。”

Lidoのコミュニティ投票(Snapshot)によると、Lido(LDO)の保有者のうち6,500万人がSolanaブロックチェーンの終了に賛成票を投じました。そして、Solana上のLidoを維持するための資金提供には、わずか510万人しか賛成しませんでした。

Solanaでの運用を完全に停止することは、暫定的には2024年2月までに終了する予定で、Snapshotの投稿で明らかにされました。

「Kusama上のLidoやPolkadot上のLidoの終了と同様に、終了コストをカバーするために10万DAIの予算が割り当てられる予定です」とプラットフォームは述べています。

財政支援シナリオ


この決定は、SolanaでのLido開発チームが、Lidoを維持するためにLido DAOから必要な支援と財政的な支援に関する課題を概説した提案を提示した後に実施されました。

P2P貢献者は、Solana上のLidoプロトコルによって生成された手数料の低さと財政的に持続不可能であるとして、12か月間の運用資金として150万DAIトークンを求めました。

チームは2022年から2023年にかけて、P2PがLido on Solanaプロジェクトに約70万ドルを投資したことを指摘し、「主に開発とサポート」のためであったと述べています。提案によれば、損失は484,000ドルに達し、利益は約220,000ドル程度でした。

その結果、チームは2023年から2024年にかけて市場シェアのたった2%を達成することすら、現在のSolana市場では非現実的に思われると指摘しています。

“前述の情報を考慮に入れ、Solana上のLidoを次のレベルに引き上げ、私たちの取り組みを維持するために、Lido DAOからの財政的支援を求めています。”

チームは、Lido DAOからの財政的支援が得られない場合、Solanaのサンセットプロセスを提案しました。

しかし、Solanaの開発チームはLidoがその成長において中心的な役割を果たす可能性があると楽観視しており、DAOコミュニティが提案された財政的支援を集団的にサポートすると信じていました。

「提案された財政的支援により、私たちは運用を維持するだけでなく、革新し、成長し、Lido DAOおよびより広いSolanaエコシステムにさらに価値をもたらすことができます」とチームは期待していました。