. 0 min read

残り48時間:この新しい仮想通貨スタートアップは電気自動車業界に革命を起こす

電気自動車

出典 / Sam Cooling x Ksushlapush

電気自動車(EV)革命が躍進する中、C+Chargeのような革新的なプロジェクトは、ブロックチェーンの力を活用し、業界を再定義してユーザーに独自の利益を提供しています。

プレセールの残り時間はわずか50時間、トークン価格は0.0235ドルで、投資家にとって、この画期的なベンチャー企業へ出資する絶好の機会となっています。

環境に優しい仮想通貨プロジェクトであるC+Chargeは、目標金額4,701,407ドルのうち、3,416,158.67ドルという驚異的な金額を調達し、プレセール終了までの残りトークンは31,803,054個となっています。

これは、Balfour Beatty Investments社がUrban Electric Networks社と提携し、イギリス全土に35,000台の収納式充電ポイントを展開するなど、最近のEV充電に関するニュースに端を発しています。また、J.D.パワー社の調査では、インフレ率の上昇に伴い、レベル2の家庭用充電スタンドに対する満足度が低下していることが明らかになり、公共充電インフラが必要であることが強調されています

C+ChargeとThe Recharge: パワーハウスコラボレーション


韓国のThe Rechargeとの戦略的提携により、C+Chargeは、クロスチェーンプラットフォームでのステーキングを可能にし、韓国の広範な電気充電ネットワークにアクセスできるようにします。

C+ChargeエコシステムのネイティブトークンであるCCHGを利用することで、ユーザーはステーションでの充電料金を支払い、炭素クレジットで報酬を得ることができるという、業界では先駆的なシステムです。

C+Chargeは、持続可能なモビリティ決済ソリューションのためのグローバルなプラットフォームを拡大しており、今回の提携では、3月31日までにステーキング機能を開始し、トークン保有者に持続可能な報酬を提供するという同社のビジョンに沿った取り組みであることを強調しています。

C+Chargeのウェブアプリ:一つ先の未来


最近、C+Chargeはウェブアプリを公開し、ユーザーがEVを充電することで炭素クレジットを獲得できるようにしました。

このアプリは、炭素クレジットの追跡、待ち時間の計算、炭素クレジットの取引可能なNFTへの変換などの機能を追加することで、シームレスで安全なEV決済体験を提供します。

C+Chargeは、炭素クレジットの報酬で電気自動車の導入を促進することで、ゼロ炭素経済への移行において極めて重要な役割を果たす態勢を整えています。現在、1CCHGの価格は0.0235ドルで、このトークンは投資家にとって魅力的な投資機会を提供しています。

最後のカウントダウン:その瞬間をつかむ50時間


プリセールも残りわずかとなり、急成長するEV市場に参入するには絶好の機会です。

この魅力的な価格でCCHGトークンを入手することで、投資家は、持続可能で環境に優しい未来を支持しながら、炭素クレジットの獲得など、このプラットフォーム独自の機能を利用できるようになります。

CCHGトークンを購入することで、自分自身に投資するだけでなく、すべての人のためのより良い未来に貢献することができます。この特別な機会を逃すことなく、価格が高騰する前に今すぐCCHGトークンを確保するのが良いでしょう。

CCHGを購入する

免責事項:Industry Talkセクションは、仮想通貨業界のプレーヤーによる洞察を掲載しており、Cryptonews.comの編集内容の一部ではありません。


おすすめ