20 5月 2022 · 0 min read

TerraのDo Kwon & Coに嵐の予感、「数百人」の投資家が訴状を準備

2019年10月、Terraの共同創業者Do Kwon氏。 出典: 動画のスクリーンショット、Youtube/Terra 

 

韓国の投資家たちが、Terraform LabsのCEOに対して法廷闘争を挑んでいるのことで、Do Kwon(本名Kwon Do-hyeong)氏と彼の会社にとって新たな頭痛の種が生まれつつあるようです。

文匯報によると、現在3つの異なる訴訟が進行中で、それぞれ数百人の韓国の投資家が関わっているということです

同紙は、Terra(LUNA)の投資家のオンライングループが、Kwon氏と、Kwon氏の共同創業者でTerraform LabsのShin Hyun-seong氏に対して法的「訴状」手続きを開始したと報じました。Eコマースプラットフォーム「TMon」の創業者でもあるShin氏は、2018年にシンガポールでKwon氏とTerraform Labsを共同創業した人物だが、ここ数日はTerraformから距離を置くように動いています。

「The Terra/Luna Coin Victims Association(直訳)」と名付けられたNaver Cafeのスペースには1,500人を超えるメンバーがおり、ピン留めされたコメントにはこう書かれています。

「来週、共同創業者のKwon Do-hyeong氏とShin Hyun-seong氏に対してソウル南部地方検察庁に告訴状を提出する予定です。」

カフェ経営者たちは、LUNAは詐欺であり、Kwon氏は2021年から清算を計画していたと主張しています

さらに、検察にKwon氏とShin氏が「詐欺」を行い、その他の金融関連法に違反したと伝えるつもりであると付け加えています。

しかし、これは来るべき大洪水の始まりに過ぎないかもしれません。Cryptonews.comは、チャットアプリ「カカオトーク」のオープンチャットポータルで「Luna/Terra被害者」のグループチャットを20数件見かけ、中には数百人のメンバーがいるものもあり--その中には、投資で失った金額や法的選択肢についてさまざまに話す人もいたということです。

 

Cryptonews.comが捉えた、terra/LUNA 「犠牲者」に捧げられた多くのカカオトーク・オープンチャット・ルームの一部を示すスクリーンショット

そのうちの1つ(会員数1000人以上)は、「Kwon Dohyung氏とShin Hyun-seong氏の告訴に参加する被害者を募集している」として、投資家に訴訟への参加を呼びかける公募を掲載しています。

文匯報は、「Kwon氏らが複数の投資家グループから同時に訴えられる可能性が高い」と報じています。

弁護士も戦々恐々としているようです。同メディアは、法律事務所「LKB&パートナーズ」の「弁護士6人」が、ソウル警察庁金融捜査隊で権氏の「財産仮差押え申請書」を「執筆・審査中」と報じています。

しかし、Kwon氏はまだ反撃し、Terraコミュニティーの信頼を取り戻したいと考えています。今日、Cryptonews.comは、CEOがアルゴリズムステーブルコインなしで新しいブロックチェーンプロトコルを立ち上げる「最終」計画で、トークンのエコシステムを復活させる計画であると報じました
____
詳しくはこちら: 
- Terra's Do Kwon Liquidated the South Korean Arm of Terraform Before LUNA & UST Crisis 
- Luna Foundation Says Nearly Entire Bitcoin Stack Spent, Promises Compensation to UST Users 

- After Terra's Collapse, Cryptoverse Reflects on ‘Ponzi-like Assets’, Role of VCs, and 'Ignorant' Crypto People
- Coinbase Sued Over Collapsed Stablecoin, but It's Not UST (Yet)

- It's Getting Personal - 'Broke' LUNA Investor Comes to Do Kwon’s House, Plans to Surrender to Police
- Terra Blockchain Restarted, Binance Resumes LUNA & UST Trading Despite CZ Being 'Very Disappointed'