法律専門家の意見:Sam Bankman-Fried氏の限定的な弁護オプションが明らかに

法律専門家の意見:Sam Bankman-Fried氏の

元FTX社長Sam Bankman Fried氏(SBF)の出廷初日が刻一刻と迫っており、専門家らは同氏の無罪獲得への道はかなり遠いと見ています。

一方では、政府検察当局はすでに、創業者の詐欺計画と密接に関係する主要人物からの協力と司法取引を取り付けているといいます。 しかし、Bankman Fried氏の過剰なコミュニケーションを取る悪い癖により、証言する可能性が高いときに検察官が彼の嘘を見破るリスクを高めているともいいます。

「起訴状で述べられたのと同じ方法で陪審に持ち込まれたら、かなり圧倒されることになると思う」と、詐欺的な仮想通貨プラットフォーム「BitConnect」の元検察官であるDaniel C. Silva氏は先週、Decryptに語りました。

12月に明らかにされたように、SBFは電信詐欺、証券詐欺、銀行詐欺を含む広範な形態の金融詐欺で告発されています。 共同創設者のGary Wang 氏やエンジニアリング責任者のNisha Singh氏など、創業者とその取引所に関係する数人の主要幹部はすでに、SBFと共謀してこうした犯罪を犯したとして有罪を認めています。

別の証人には、Alameda Researchの元最高経営責任者(CEO)Caroline Ellison氏も含まれています。Ellison氏はSBFの元パートナーで、7月に日記をメディアに流しました。この演出の結果、証人に対する不正行為を理由に保釈金が取り消され、その内容が検察官の裁判で使用される可能性が高いと見られています。

ニューヨーク州南部地区の元検察官Jordan Estes氏によると、Ellison氏の存在は裁判に「ドラマ」を裁判にもたらす可能性があるという。詐欺事件の検事として、それはストーリーを語り、陪審員の注意を引くために本当に重要なことです」と彼女は語りました。

専門家らは、Bankman Fried被告が弁護の成功を目指すのであれば、彼がFTXで進んで犯罪を犯したわけではないと陪審に納得させる必要があると述べています。 この戦略の一環として、Ellison氏など検察側の証人への反対尋問が含まれる可能性があるでしょう。 しかし、弁護士の Paul Tuchmann氏によると、そのような弁護は裏付けとなる書類がなければ難しいだろうといいます。

元SEC弁護士が関与


元SEC弁護士のJohn Reed Stark氏は、月曜日の裁判がどう展開するかについての予想を示し、SBFの勝利の可能性は限りなくゼロであると予測しています。 検察の証人、Bankman Fried氏の「暴言」、FTXの破産を担当する専門捜査官らはすべて、消滅した取引所の創設者にとって重くのしかかる要因です。

同氏はツイッターに「金融詐欺の訴追の歴史の中でも、司法省チームがこのような並外れた証人や証拠の宝庫にこれほど無制限にアクセスできることは稀だ」とツイッターに記しました。