BTC 0.00%
$65,125.51
ETH 3.29%
$3,542.18
SOL 1.09%
$137.81
BNB 2.23%
$598.66
XRP 1.47%
$0.49
DOGE 3.30%
$0.12
SHIB 2.47%
$0.000018
PEPE 7.05%
$0.000011
PlayDoge(PLAY)
プレセール開催中

画期的な判決:中国裁判所、再び仮想通貨融資を拒否

Yamada
| 2 min read

画期的な判決:中国裁判所、再び仮想通貨融資を拒否

画像引用先:AdobeStock/gesrey

中国の裁判所は、火曜日に国内で2つ目となる種類の判決を下し、暗号通貨による貸し付け活動は今もなお中国の法制度の範疇外であると裁定しました。

Nanchang People’s Courtのプレスリリースによると、仮想通貨を貸し出し、返却を要求する行為は「民事訴訟の範疇には含まれない」とされています。

また、関連する訴訟の判事は、「仮想通貨はデジタル人民元とは異なる」と発言。さらに、プレスリリースのGoogle翻訳版によれば、デジタル人民元は紙幣や硬貨と交換可能な中国中央銀行が発行する中央銀行デジタル通貨(CBDC)とのことです。

判事は続けて、「仮想通貨はデジタルフォームでのみ存在し、法定通貨ではなく、ビットコイン、イーサリアム、テザーなどのように法的補償がなく、市場で通貨として使用されることはできません」とも述べています。

この事件は、「Mr. Ming」と特定される個人が、利益を得る目的で「Mr. Gang」に80,000 USDTを貸し付けた事案に関連しています。しかし、後者はそのローンを返済することができず、前者から訴訟を起こされました。

しかしながら、USDTは法に従って発行された通貨と認定されなかったため、裁判所はそれを合法的に補償可能とは見なしませんでした。Mr. Mingはこの決定に対して控訴を試みましたが、これも却下されました。

判事はその裁定において、暗号通貨取引の広範な非合法性を強調。仮想通貨が「国の金融秩序」および「社会的公共の利益」を害するという主張で中央銀行の発言を反映しました。彼らは次のように続けています:

「法人、非法人組織、または自然人が公序良俗に違反する仮想通貨および関連デリバティブに投資する場合、関連する民事法的行動は無効となり、それに起因する損失は彼ら自身が負担しなければならない。」

中国の仮想通貨禁止


2021年5月にビットコインのマイニングを禁止した後、中国の中央銀行は同年9月に経済の不安定と犯罪活動を懸念して、すべての暗号通貨取引に対する包括的な禁止措置を実施しました。

中国は引き続き、著しい暗号通貨のボリュームを引き寄せています。Chainalysisの報告によれば、2022年7月から2023年6月の間に地域が860億4000万ドルの取引を受けたとされています。また、Chainalysisなどは、中国におけるこうした禁止措置が非効果的であるか、緩やかに施行されていると主張しています。

マイニングの活動が中国で大幅に減少しているものの、ケンブリッジの推計によると、マイニング禁止が施行された数ヶ月後も、国は世界のビットコインマイニング活動のシェアの20%以上をまだホストしているとのことです。