BTC 0.80%
$65,012.54
ETH 3.60%
$3,555.17
SOL 2.82%
$137.45
BNB 3.19%
$599.92
XRP 3.02%
$0.49
DOGE 2.30%
$0.12
SHIB 1.91%
$0.000018
PEPE 10.94%
$0.000011
Sealana(SAL)
先行セール終了間近

Kraken、6月の裁判所命令に従いユーザーデータをIRSに公開へ

Yamada
| 3 min read

Kraken、6月の裁判所命令に従いユーザーデ

画像引用先:Michael O’Keene, Adobe Stock

米国の大手仮想通貨取引所Krakenは、6月に受けた裁判所命令を受け、来月に限定的なユーザー情報を内国歳入庁(IRS)に提供します。 このデータは、2016年から 2020年の間に 20,000ドルを超える取引を行った、特定のKraken ユーザーに関するものです。

IRS、Krakenユーザーデータへの限定的アクセス権を取得


2021年5月にKrakenとIRSとの法的闘争が始まりました。連邦裁判所は、税庁にKrakenに対してJohn Doe召喚状を発行する権限を与えました。その目的は、取引所のユーザーの中から潜在的な税逃れをしている者を特定することにあります。Krakenは当初、この広範な要求に対して抵抗しました。

複数回の裁判を経て、Krakenは裁判所に自社が提供しなければならない情報の範囲、および影響を受けるユーザーの数を大幅に削減するよう説得することに成功。

6月の裁判所の命令によれば、Krakenは2016年から2020年までのいずれかの1年で2万ドル以上の取引を行ったユーザーについて、名前、生年月日、納税者ID、住所、電話番号、メールアドレス、および取引履歴を提供しなければならないとされています。

IRSの元々の要求は、IPアドレス雇用情報、富の源、純資産、および銀行詳細を含むより広範なユーザーデータに対しても及んでいました。一方で、裁判所は、この情報へのIRSのアクセスを拒否しました。

影響を受けるKrakenユーザーの数は、IRSが情報を求めた元々の59,331人から42,017人に減少。Krakenは今週、影響を受けるユーザーにメールで通知し、11月初旬にIRSに対象となるデータを共有する予定であると述べました。

この進展は、暗号通貨取引所と政府の税務当局との間の緊張関係の最新の例を示しています。2018年には、Coinbase社も同様の召喚状を受けた後、IRSに約13,000人のユーザーの詳細を共有しました。

IRS、潜在的な脱税者を摘発するために仮想通貨取引所を標的に


IRSは、Circle社やPoloniex社などの他の主要な暗号通貨企業にもJohn Doe召喚状を発行しており、それぞれのユーザーベース内での潜在的な税逃れを発見しようとしています。

一部の業界専門家は、これらの召喚状がユーザープライバシーを侵害し、敏感な個人財務データに過度に干渉すると主張。他方で、税務コンプライアンスを施行するために関連する取引情報を要求する権利が、税務機関にはあると主張する人々もいます。

暗号通貨の課税は、IRSからさまざまな種類の暗号通貨活動がどのように報告されるべきかについて明確な指針がないため、複雑な問題です。現時点では、取引を適切に追跡し文書化する責任はユーザーにあります。

監視の強化に伴う仮想通貨トレーダーへの税金への影響


最新のKraken社による命令は、米国の暗号通貨トレーダーに対して税金の義務を果たすようにとのリマインダーとして捉えられるべきです。暗号通貨投資からの所得と資本利得を報告しない場合、IRSによる監査、罰金、及び利子の請求が引き起こされる可能性があります。

税務報告の方法が不明なユーザーには、資格のある暗号通貨税専門家に相談することが推奨されます。取引報告を生成するためのソフトウェアツールも、トレーダーが必要なデータを収集するのに役立つでしょう。

そして、正確な記録を維持することが鍵となります。IRSはデジタル資産を財産として扱い、それにより資本利得税が適用されます。一つのコインと別のコインとの交換は、課税対象のイベントです。規制状況が課題を生む一方で、暗号通貨ユーザーは問題を避けるために税規則を遵守する誠実な努力をするべきです。

Kraken社の状況は、取引所がユーザーデータを提供するためのプレッシャーに直面していることを示しています。暗号通貨の採用が拡大するにつれて、税に関する政府の監視が高まる可能性が高いです。ユーザーは今後の問題を避けるために、今から準備をするべきででしょう。