韓国の「仮想通貨殺人」事件: 夫婦が 「犯人」に報酬を支払う

Yamada
| 1 min read

韓国の国旗とギャベル

出典:cooperr/Adobe

韓国を震撼させた仮想通貨殺人・誘拐事件の中心人物である夫婦が、48歳の女性を殺害した容疑者にお金を渡したことを確認したと報じられました。

先月末、大田広域市のダム付近で女性の遺体が発見され、警察はこれまでに7人を逮捕・起訴しています。

女性は仮想通貨関連企業に勤務し、ビットコイン(BTC)などのトークンを大量に保有していたとみられます。

警察は、犯人が被害者のコインを盗んでから殺害したと考えています。

夫は現在、仮想通貨関連の詐欺犯罪で裁判を待っているところです。

警察は当初、36歳のLee Kyung-wooという男がこの事件の首謀者であると疑っていました。

しかし、Yoo Sang-won(50)とHwang Eun-hee(48)という名前のカップルが、Leeと多数の共犯者に金を払って被害者を誘拐・殺害させたとして告発されています。

警察によると、二人は 「仮想通貨投資の失敗」をめぐって被害者と「対立 」していたことを認めているといいます。

また、この二人組はLeeに約54,000ドルの金額を渡したと告白しているとNews Tomatoは報じています。

警察官は、YooとHwangが昨年9月にLeeにこの金を支払ったという証拠があると言っています。

しかし、YooとHwangは、このお金を 「好意から」Leeに渡したと主張していることを警察は述べました。

また、Leeは被害者の会社にお金を投資していたと考えられています。

警察は、Leeが女性の会社でしばらく働いていたとも考えています。

韓国の仮想通貨がきっかけとなった殺人事件


13日に警察署の外で記者団と対峙した際に、Maeil Kyungjaeは、「不当な扱いを受けている」と述べたYooの言葉を引用しました。

YooとHwangは、殺人と強盗の共謀の容疑で検察に引き渡されました。

CCTVの映像には、ソウル江南区の人通りの多い公道で3人の男が女性を拉致している様子が映っているようです。

男たちは女性を車に引きずり込み、走り去ったようです。

警察は、Leeが整形外科からケタミン系の麻酔薬を入手した可能性があるとみています。

そして、Leeはこの薬物を使って女性を意識不明にしたと考えています。

警察は、捜査の一環として、Leeの家族の一人が働く医療クリニックを家宅捜索しました。