ケニア政府がワールドコイン仮想通貨プロジェクトを調査する委員会を設置

虹彩スキャン装置

出典:Shutterstock

ケニア政府は係争中のワールドコイン・プロジェクトを調査するため、15人からなる議会委員会を設置しました。

Narok West MP Gabriel Tongoyo氏が率いる委員会は、ワールドコインの活動を包括的に調査するため、42日間の期間を割り当てられました。地元のニュースソースによると、目的はワールドコインの活動を綿密に分析し、その結論を下院に提出することです。

ワールドコインの事業停止を決定づけた中心人物であるKithure Kindiki内務大臣は、下院委員会で演説し、市民の登録や虹彩データの収集に関わるワールドコインの活動に対する政府の懸念を表明しました。Kindiki氏は、これらの行為は重大な安全保障上の脅威をもたらすと強調しました。

この議会の評価は、ケニア当局がワールドコインの業務停止を宣言してから約3週間後のことです。この停止措置は、関係する公的機関が一般市民に対する潜在的なリスクがないことを確認できるまで有効です。

3週間前、ケニアにおけるワールドコインの事業は、ユーザーの虹彩をスキャンして個人情報を採取する行為を中止するようにとの政府の指示に従わなかったため、停止されました。政府からの命令に加え、警察はケニアの首都ナイロビにあるワールドコインの施設を捜索し、書類と機器の両方を押収したと伝えられています。

議会委員会からの精査に直面したことに加え、ワールドコイン構想はケニア国内のさまざまな規制機関からの抵抗に遭いました。

司法当局も介入し、データコミッショナー事務所が起こした訴訟の後、ワールドコインの活動を停止しました。

裁判所の判決の結果、前年4月から2023年8月までの間にワールドコインが収集したすべてのデータは、訴訟が終結するまで保存されなければなりません。

ケニア、フランス、ドイツ、イギリスがワールドコインの調査を開始


7月にOpenAIのCEOであるサム・アルトマンが発表したワールドコインの導入では、「Orb」と呼ばれるハードウェア・デバイスを通じて、利用者が人間であることを確認する必要があります。このデバイスは虹彩スキャンを容易にし、デジタルIDを中心とした仮想通貨プロジェクトの基盤を形成します。

賛否両論と期待の中、ワールドコインがユニークなコンセプトを発表しました。虹彩スキャンを受けるインセンティブをユーザーに与えるために、そのネイティブ仮想通貨であるWLDコインを提供します。

トライアル段階だけで約200万人の参加者を集めました。ワールドコインの公式サイトに掲載されている情報によれば、Orbの配布は世界各地のほぼ400カ所で行われ、220万人以上の参加者を集めました。

ワールドコインのワールドIDの根拠は、人工知能が支配する時代において、その重要性が予想されることに由来します。

これらのIDは、個人の真正性と人間性を証明する手段を提供することで、自動化されたエンティティやロボットとして誤認されるリスクを減らすことを想定しています。

検証プロセスを完了すると、参加者はイーサリアム・ブロックチェーン上に構築されたプロジェクトのネイティブ仮想通貨である25 WLDトークンで報酬を得ることができます。

しかし、プロジェクトの範囲が十数カ国に拡大するにつれ、その計画に関する懸念が生じ、一連の物議を醸す報告書が発表されました。

ワールドコインのアプローチの合法性は、特に機密性の高いバイオメトリック・データを安全に保管するためのプロトコルやセーフガードに関して、大きな懐疑的な見方を生んでいます。

その結果、ナイジェリア、イギリス、アルゼンチン、ドイツ、ケニアなど、各国の政府機関がこのプロジェクトの運営について調査を開始しています。