06 10月 2021 · 0 min read

またもやダンピングが発生?マスク氏のツイートで柴犬トークンが大暴騰

Source: Adobe/GrasePhoto

ミームコインである柴犬(SHIB)が、10月に入ってから爆発的に値上がりし、すでに時価総額でトップ20のクリプトアセットになっています。10月4日にTeslaのCEOであるElon Musk氏の協力を得て加速したこの上昇は、BinanceCoinbaseHuobiでの異常に大きな取引量で起こっています。

9:11 UTCの時点で、SHIBは0.00002197米ドルで取引されており、過去24時間で68%も上昇しています。過去7日間のトークンの上昇率は215%で、時価総額上位100の暗号資産の中で週次成績が最も優れています。

さらに、24時間の取引量は120億米ドルを超え、dogecoin(DOGE)の50億米ドルやethereum(ETH)の200億米ドルと比較しても遜色ありません。

しかし、SHIBは今年の5月にさらに強い上昇を見せ、その後、急激な暴落に見舞われました。

Source: Coingecko.com

今回のトークンの価格上昇は、CoinGeckoが発表した最も価値のある暗号資産のリストで現在19位にランクされていますが、TeslaのCEOで「犬の父」と呼ばれるイーロン・マスクが、米国時間の日曜夜遅くにツイッターで柴犬の写真を公開したことも手伝っているのかもしれません。

 

今回のマスク氏のツイートは、6月に行われた「私の柴犬はフローキという名前になります」という以前のツイートや、9月に行われた柴犬の子犬の写真とともに「フローキが到着しました」というツイートに続くものです。

さらに、9月下旬に柴犬コミュニティから、ランダムに生成された1万種類の柴犬をテーマにした非ファンジブル・トークン(NFT)が、分散型取引所(DEX)「ShibaSwap」で取引できるようになるという発表があったことも、今回の価格上昇につながっています。

ミームコインにありがちなことですが、これまでのところ、価格の上昇を説明するような大きなニュースはありませんでした。しかし、コミュニティは現在の市場の動きに満足しているようで、SHIBArmy subredditのメンバーは、「Keep going baby. I NEED to quit my job!!!」「I want to retire myself!!!!!」といったコメントが寄せられています。

2020年8月に偽名の開発者「Ryoshi」によって作成され、当初は「dogecoinキラー」として宣伝されていたSHIBトークンは、プロジェクト独自のShibaSwap DEXのほか、多数の主要な中央取引所で取引することができます。

イーサリアムベースのトークンとして作られたSHIBの半分は、イーサリアムの創設者であるVitalik Buterin氏のウォレットに割り当てられました。その後、Vitalikは総供給量の40%を燃やし、10%はインドのCOVID-19救済活動に寄付しました。

柴犬の時価総額は112億米ドルで、犬をテーマにしたミームコインであるdogecoin(334億米ドル)の約3分の1の価値があり、最も価値のある暗号資産のリストの8位にランクインしています。

今回の価格上昇に先立ち、SHIBは9月17日にCoinbaseがミームコインを上場した後、40%以上上昇しました。

____

もっと詳しく:
- 柴犬に慈悲を与えたミームコインの価格が半額に
-「DOGEキラー」の柴犬がイーサリアムの下駄を履く一方で、マスクがDogecoinを再び持ち上げる

- Dogecoin Wannabes Flooding The Market With Pumps & Dumps(ドージコインワナビーがパンプ&ダンプで市場に溢れる
- Doge Meme NFT、今日から端数での販売に変更