BTC -0.74%
$64,810.92
ETH 2.10%
$3,549.80
SOL -1.84%
$135.14
BNB 1.83%
$599.93
XRP 0.89%
$0.49
DOGE 0.22%
$0.12
SHIB -0.33%
$0.000018
PEPE 6.26%
$0.000011
WienerAI(WAI)
限定セール中

カザフスタンのマイニング労働者が大統領に手紙を執筆、エネルギー価格の引き下げを訴える

カザフスタンのマイニング労働者が大統領に手紙を

画像引用先:Iliya Mitskavets/Adobe

カザフスタンのデジタルアセットマイニング業者は、Kassym-Jomart Tokayev大統領にエネルギー価格の引き下げを求める公開書簡を執筆。

地元メディアの報道によると、国内で活動を停止するマイニング労働者が増える中、大手マイニング会社8社がこの書簡に署名しました。

この書簡には次の企業の代表者が署名を行っています:BCD Company LLP、TT TECH Limited Private Limited Company、KZ Systems LLP、AI Solutions LLP、Zhambyl branch of Kinur LLC、Green Power Solution Ltd. Private Limited Company、VerCom LLP、KINUR INVEST  LLP。

“本日、業界の大手企業はすべて活動を停止し、年末までにカザフスタン共和国での事業を完全に停止する予定です。”

この国はビットコインマイニングのハッシュレートで3位にランクされており、マイナーらは政府が課した新たな規制によって現状が変わったことを嘆いています。

また、書簡によると、同国は世界の採掘量に占めるシェアが2022年の14%から2023年の4%に減少し、このままではマイニングは存在しなくなるだろうと付け加えています。

「デジタルマイニングのコストだけでなく、詳細や経済的問題も理解されないまま、最大26テンゲ/kWhの料金レートで差別化されたシステムが2023年に導入されました。その悪影響は本質的に業界を破壊し、デジタルマイニングを許可することはできません。 デジタルマイナーはコストを削減するために活動を最適化する必要があります」と書簡には書かれています。

マイニング労働者たちは、現状では彼らはかろうじて生計を立てることができず、暗号通貨に対して友好的であるとの主張にもかかわらず産業が停滞しているため、大統領に政策の見直しを促しました。

カザフスタンの厳しい仮想通貨税


カザフスタンのマイニング労働者らは、現在の税法を見直し、エネルギー問題に対処するよう大統領に書簡を提出。

現在、デジタル資産のコストの80%は発電のみに使用されており、資産価格の下落と来たるビットコインの半減期を受けて生き残る余地は少なくなっている、と彼らは主張しています。

同国のマイニング問題は、中国の禁輸措置を受けて同国にマイニング労働者が流入したことで始まっています。そして、彼らへの需要が500MWから1,500MWに急増し、エネルギー需要に負担を与え、この部門への高額税金につながったといいます。

業界は依然岐路に立たされていますが、政策監視者らは、政府が「瀕死の企業」の存続に向けてマイニング労働者との中間に立って対応することを期待しています。

世界的には、気候変動への懸念や国の電力供給への影響を引き合いに出して、仮想資産マイニングはいくつかの国で規制の打撃を受けているのが現状です。

たとえば米国では、バイデン政権が業界に「公正な負担」の支払いを求める30%のマイニング税を提案しましたがこの動きはマイナー、仮想通貨幹部、コミュニティから広く批判されています。