Joseph Lubin氏のInfuraは、イーサリアムノードのためのAmazon Web Servicesの構築を計画しています

Joseph Lubin. Source: a video screenshot.

これまでイーサリアムに起こった最も複雑なアップグレードに対応するため、インフラプロバイダーのインフーラは、スケーラブルなイーサリアムインフラとWeb3開発者向けアプリケーションプログラミングインターフェース(API)を提供するサービスの分散版を開発中です。同社は、ブロックチェーンの共同創設者であり、ブロックチェーンソフトウェア企業ConsenSysの創設者でもあるJoseph Lubinが経営しています。

ブロックチェーンがProof-of-Stakeに移行した「Ethereum Merge」がブロックチェーンの中央集権的な支配を強めるという主張を否定し、Infuraはネットワークノードの分散型運用を顧客に提供します。これにより、アプリ開発者やユーザーに対して、EthereumなどのブロックチェーンにおけるAmazon Web Servicesに匹敵するようなソリューションを提供することになります。

この計画では、新サービスは来年前半に開始される予定だとBloombergは報じています

「我々がやっていることは、人々がデータにアクセスするとき、それは分散化された方法で行うことができます。」と、Infuraの共同創設者であるE. G. Galanoは述べています。「私たちは、エコシステムで快適なものよりも多くの影響力を持っています。」

分散型ノード事業者のネットワーク構築を目指し、「Infuraはすでに早期アクセスプログラムへの参加に関心のある事業者の申請を受け付けている。」(Galano氏)という。

同時に、同社は世界中のInfuraのユーザーに対して、集中型バージョンのサービスを提供し続ける予定であるといいます。

Infuraのグローバルコミュニティは、Uniswap、Coinbase Wallet、MakerDaoなど、さまざまな企業から集まった40万人以上の開発者で構成されているとのことです。