23 3月 2022 · 0 min read

日本の暗号資産取引所、暗号通貨上場プロセスのスピードアップと簡素化へ

Source: AdobeStock / Koki Yamada

 

日本の暗号取引所は、取引プラットフォームの上場プロセスを「合理化」する計画を業界団体が発表したことで、プラットフォームで提供するコインの選択肢を広げることになりそうです。

CoinPost日経Bloomberg Japanによると、31のメンバーからなる日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)は、今月末に18の「人気暗号通貨」の「グリーンリスト」を作成する予定です。現在、国内最大の暗号取引プラットフォームの中には、コインの組み合わせを10種類以下しか提供していないものもあり、20種類を提供しているのはGMOコインだけです。

現在のJVCEAの規制では、取引所はコインの上場申請を中央機関に提出し、個々の申請について規則を定める必要があります。しかし、今回の規制案では、ライセンスを保有するすべての取引所が、「グリーンリスト」コインを自由にプラットフォームに追加できるようになります。

このリストには、ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)XRPライトコイン(LTC)などの大資本コインが含まれると報道されています。

また、このリストは将来的に拡大される可能性があり、少なくとも3つの国内取引所に上場されているトークンが追加される可能性があります。また、当該トークンは、「グリーンリスト」の前に6カ月以上、JVCEAの加盟取引所に上場している必要があります。

メディア各社は、すでに15種類ほどのコインがこの基準を満たしていると指摘しています。

同団体は、国際的な競争力を高めるために行動していると述べている。

BITPoint取引所の創設者兼CEOで、JVCEAの副会長でもある小田玄紀氏は、日本の暗号資産取引所は現在「ほんの一握り」しか利益を上げていないと述べ、「暗号通貨の承認を得るのに非常に長い時間がかかるため」と引用されました。

彼は次のように言いました。

「海外の取引所にもユーザーが集まっています。私たちの目標は、トークンの上場にかかる時間をなくし、業界を世界標準に近づけることです。」

また、米国の暗号資産取引大手であるCoinbaseが新メンバーになる可能性が取りざたされるなど、会員数の拡大の可能性も語られています。

現在、JVCEAが新規トークンの上場申請を処理する場合、JVCEAのメンバーが既に扱っているコインの場合も含め、通常、審査に半年以上かかっています。

日本ベンチャーキャピタル協会は、金融規制当局である金融庁と緊密に連携して行動しており、事前に金融庁に相談したものと思われます。

各メディアは、上場委員会に対して「申し込みが殺到している」と指摘しています。日経新聞は、「10月には、80以上の申請が承認待ちの状態だった」と書いています。

日本ベンチャーキャピタル協会は、「新しい暗号通貨やICOIEOを承認するためにより多くのリソースを投入することができる」と主張しています。

____

詳しくはこちら: 
- Japanese Crypto Exchanges Told to Block Sanctioned Russians’ Crypto Transactions
- Japanese Crypto Exchanges to Enforce FATF’s Travel Rule Next Month

- Japanese Regulator Wants to Amend the Nation’s Crypto Law
- FTX to Enter Japan via Liquid Group Acquisition as Altcoin Listing Rules May Ease
- Japanese Regulator Has NFTs, IEOs in its Sights as it Eyes More Crypto Regulation