日本の信託銀行が秋から暗号資産の取り扱い許可を取得する可能性

Tim Alper
| 1 min read
Source: iStock/tawatchaiprakobkit

 

日本は、金融規制当局が今年後半に法的拘束力を持つ可能性のある法律を展開する計画を発表した後、暗号資産を管理するために信託銀行を許可する予定です。

日経新聞は、銀行部門と国内暗号産業の両方を取り締まる機関である金融庁が、信託銀行を「規制緩和」することを望んでいると報じました

金融庁は、この動きが金融機関に暗号資産を「信託資産」として扱わせることになるだろうと述べました。同庁は、暗号資産は「不安定」であり、それらの取引は「高いレベルのリスクを伴う」と付け加えました。

同庁は、暗号資産関連の「資産運用業務」を行うために「信託銀行を許可する」ことで、投資家保護を強化し、「適切な」市場開発を促進することを目的としていると述べています。

金融庁は、この変更を実行するために金融セクター関連法を改正する意向であり、その決定を法律に明記する前に、その提案について1ヶ月間の協議を行う予定です。

日経は、この措置は「早ければ」今年の秋に発効する可能性があると報じています。

このニュースは、国内の銀行部門にとって歓迎すべきことである。先月、資金決済法が改正され、従来の銀行、資産移動業者、信託銀行が日本円にペッグされた安定コインを発行できるようになりました。

金融庁は、債券に関連するセキュリティトークンやトークン化された不動産に関連するさらなるガイダンスを発表することが広く期待されています。多くの日本企業が、セキュリティ・トークン関連のオファリングや、暗号資産を利用した不動産プロジェクトを立ち上げたい意向を示しています。

金融庁は2017年9月に取引所とウォレットプロバイダーに対する権限を与えられて以来、この分野を白紙で取り締まることを許されてきました。しかし、ここ数ヶ月、東京を拠点とする政府とITビジネス推進派の岸田文雄首相は、Web3関連の成長の新しい段階で、暗号資産企業やユーザーの税負担を軽減するために法律を改革する用意がある可能性を示唆しています。
____
詳しくはこちら: 
Basel Committee Warms Up to Bitcoin & Crypto With More Flexible Proposal
Neobank K-Bank May Have to Postpone IPO Plan as Crypto Winter Bites

After Inflation Fiasco, Central Banks Now Want to Monopolize Trust in Money With CBDC Push and Crypto Bashing
Japanese Justice Ministry Wants Law Enforcers to Have Power to Seize Crypto