06 9月 2022 · 0 min read

日本政府、全国に先駆けて自治体にNFTを贈呈

日本の内閣は、非金融性トークン(NFT)賞を授与しました。これは日本政府にとって初めてのことです。

CoinPostが報じたところによると、このトークンは、全国デジタル化コンテストの受賞自治体に配布され、達成の「デジタル証明書」を意味します。

松野博一内閣官房長官が率いる政府機関である内閣官房が、岸田文雄首相らが出席したイベントで賞を授与しました。

トークンはイーサリアム・ブロックチェーンネットワーク上で発行されたが、POAP(Proof of Attendance Protocol)技術を利用したものです。通常、POAP型NFTは排他的なイベントで使用され、xDaiチェーン上で鋳造されるのが一般的です。つまり、事務局のNFTは流通市場で取引することができません。

この提供には、国内大手暗号取引所bitFlyerを含む多くの日本のスタートアップが技術的なサポートを提供しました。

同メディアは、今年5月にも与党自民党の青年部の会合で、同様のNFTが多数鋳造され授与されたことを指摘しています。しかし、今回の授与は、自民党の分派ではなく、政府自身が行ったという点で、初めてのことです。

デジタルエコノミーをテーマとした政府の提案に対して、合計7人の市長が表彰されました。

山形県酒田市は、電気自動車を使った配達を提案しました。また、群馬県前橋市は、携帯電話のカメラを使って交通状況の変化をリアルタイムに検知するプラットフォームを提案し、NFT賞を受賞しました。

岸田は今年、何度もNFTを特筆しています。首相は、NFTやメタバース関連のイノベーションが、Web3を駆使した日本の成長をもたらすと確信しており、制限の多い税制を改革して、新興企業の事業拡大を支援すると公約しています。このため、規制当局もこれに追随し、税制改正を提言しています