日本のゲーム大手がメタバースに参入、ビットバンクがビットコインライトニングを追加、暗号税制改革の呼びかけの中で

Tim Alper
| 1 min read
Source: iStock/mura

 

日本の暗号通貨の状況が普及と投資の兆しを見せる中、あるブロックチェーンビジネスリーダーが暗号税法改革を呼びかけています。

暗号通貨の太陽が昇る国で最近起こったことを紹介します。

  • 日本のゲーム、エンターテイメント、玩具製造の巨大企業であるバンダイナムコは、仮想世界に軸足を置く最新のヘビー級メガ企業となり、新しいメタバース事業に1億3000万米ドルを投資することを発表しました。CoinPostは、同社がメタバース開発を「中期的」な「優先戦略」とし、多くの知的財産を活用すると報じています。同社は、日本のアーケードゲームとコンソールゲームの2大巨頭であるバンダイとナムコが合併して誕生した企業です。鉄拳、パックマン、ナルト、ガンダム、ソウルキャリバー、ダークソウルなど数多くのミリオンセラーゲームフランチャイズを所有しています。

 

  • 日本最大の暗号取引所の1つであるビットバンクは、ビットコイン(BTC)ライトニングネットワークソリューションを開始すると発表しました。ブログの投稿で、同社は、そのソリューション、NLoopと名付けられたアプリは、BitBankの顧客が取引所でライトニングネットワークビットコインの入出金を行うことを目的に作成されたと述べ、BTC送金や小規模またはマイクロペイメントを促進します。ビットバンクのシニア開発者は、「現在『暗号取引所』と呼ばれている事業者の多くは、近い将来ライトニング・サービス・プロバイダー(LSP)になるだろう」と述べ、自社のような流動性提供ソリューションを利用する必要があると述べています。

 

  • 日本の暗号税法を改革する時期が来たと、ブロックチェーンビジネスのリーダーが述べています。このコメントは、パブリックブロックチェーンネットワーク「Astar」の開発元であるステイクテクノロジーズのCEO、渡辺壮太氏によるものです。投稿で同CEOは、暗号保有者が不換紙幣の日本円以外で税金を支払うことを妨げる既存の法律は、Web3時代にそぐわないと書き、この状況が日本の人材を海外に押し出していると指摘しました。政府が本気でWeb3関連ビジネスの育成を考えているならば、少なくとも規制のないWeb3特区を作るべきだと主張しました。与党自民党の小倉昌男議員は、渡辺氏の投稿をTwitterで紹介し、「Web3の起業家や技術者の流出を防ぐ」ために日本は必要なことをする必要があるとの見解を示しました。

_____
詳しくはこちら:
日本の警察、モネロ事件で敗訴し暗号マイニングに関する警告を削除
FTXがLiquid Group買収で日本参入へ、アルトコイン上場規則が緩和される可能性も

日本の与党がNFTタスクフォースを立ち上げ、同分野の新たな成長を目指す
日本の税務機関、ステーキングとレンディングの暗号ガイドラインを更新、NFTは対象外

日本の規制当局、2022年のステーブルコイン、ウォレットプロバイダー規制を視野に入れる
日本の暗号セクターが税制改正に向けた統合入札を開始