19 9月 2022 · 0 min read

J-POPも暗号化へ IEO出資のアイドルグループ、2023年デビューへ

The Japanese idol group AKB48. Source: Dennis Amith (kndynt2099)/(CC 2.0)

日本最大のポッププロデューサーが、メタバースで新しい「アイドルグループ」(ボーイズバンドまたはガールグループ)をデビューさせるというプロジェクトで、J-POPは暗号資産に踏み切る準備ができています。 - このプロジェクトはIEO(新規株式公開)を通じて資金調達される予定です。

日本のクリプトポップ・クロスオーバー・プロジェクト「Overse」は、プレスリリースで、国内トップのポップレコード・プロデューサーで作詞家の秋元康氏と共同で、来年立ち上げる予定のプロジェクトに取り組むと発表しました。

秋元氏は、おニャン子クラブ、乃木坂46、AKB48など、J-POP界を代表する大物プロデューサーです。

秋元氏は、1億枚以上のシングルを売り上げ、日本で最も売れている作詞家でもあります。女性だけで構成され、チャート上位にランクインするポップ・アクトを生み出す彼の成功は、母国でも比類がなく、Iz*Oneなどの韓国のガールズ・グループの結成に貢献したこともある。

J-POPと暗号資産のクロスオーバーは近年増加傾向にあり、Overseは来年デビューするグループが秋元のミダスタッチを裏切らないことを期待しています。

Overseは、秋元氏がまだ名前の知られていないグループの「総合プロデューサー」を務めると書いています。

また、プロジェクトはIEOを通じて資金を調達し、グループは「ブロックチェーン技術」と「メタバース」に積極的に取り組むと書かれています。

同社は、IEOを「2023年初頭」に進めたいとしており、来年春にはグループのメンバー選考を開始する予定です。夏までにメンバーを確定し、秋にはデビューさせたいとしています。

以前のプレスリリースで、同社は国内の暗号資産取引所DMM Bitcoinと暗号資産スタートアップのCoinbookと契約を締結したと述べている。この2社はIEOを実施し、売却はDMMのプラットフォームで行われるようです。

日本の取引所にとってIEOはまだ未知の領域ですが、昨年、規制当局がこの分野のガイドラインを策定したことを受け、今後数カ月の間に複数の企業がこの分野に進出することを希望しています。

日本では、「アイドル」グループは、国内の強力なタレント事務所によって募集・管理されるボーイズバンドやガールズグループを指します。「アイドル」スタイルのポップグループは、東アジアの音楽シーンを席巻し、韓国のBTSのような国際的なチャートの成功に至っています。