BTC 0.58%
$64,935.47
ETH 3.22%
$3,544.96
SOL 1.74%
$136.53
BNB 3.06%
$599.42
XRP 2.56%
$0.49
DOGE 2.12%
$0.12
SHIB 2.25%
$0.000018
PEPE 11.16%
$0.000011
Sealana(SAL)
先行セール終了間近

イスラエル当局、ハマスに関連する暗号資産の差し押さえを命令

israel

画像引用先:Adobe Stock

イスラエルの法執行機関は、ハマスへの資金流入を阻止するために、数百の暗号通貨アカウントを凍結し、数百万ドル相当の暗号通貨を押収するよう命じました。これは、『Financial Times』が報じたものです。

この取り締まりは、世界最大の暗号通貨取引所であるBinance上の暗号通貨アカウントを主に対象としています。

ハマスによる攻撃が10月7日に始まって以来、Binance上の100以上のアカウントが閉鎖され、さらに約200の暗号通貨アカウントに関する情報が当局によって求められています。これらのアカウントの大半はBinanceに保持されています。

イスラエル国家サイバー局のエグゼクティブディレクターであるTom Alexandrovich氏は、戦時中のテロ資金調達における暗号通貨の重要性が増していることを強調しました。

今月初めに紛争が始まって以来、関与している暗号通貨資金の額は大幅に増加しています。

Tether、テロ資金に関連する32のアドレスを凍結


さらに、暗号市場で広く使用されているデジタルトークンであるTetherは、イスラエルとウクライナの両国で「テロリズムおよび戦争行為」に関連した32のアドレスを凍結したと発表。これらのアドレスには、合計で87万3,000ドル以上が含まれていました。

ただし、これらのアカウントがいつブロックされたのか、および2国間での資産の分配の具体的な詳細は公表されていません。

イスラエル当局は、10月7日以来、ハマスおよび他のグループに関連した約150の寄付イニシアチブを特定しています。

イスラエル警察は、ハマスの資金調達に使用されていた複数のアカウントを凍結したことを確認しましたが、Binanceに対して行われた行動についてはコメントしていません。

暗号通貨とテロ資金調達との関連は新しい懸念ではなく、米国の金融規制当局は以前、Binanceに保持されている資金とハマスとの間にリンクがあると主張していました。

CFTCの訴訟、Binanceはハマス関連取引を認識していたと主張


3月に、米国商品先物取引委員会が提起した訴訟によれば、Binanceの上級幹部は2019年にハマスの取引に関する情報を受け取っていたと主張されています。

イスラエル当局は、テロ資金調達との関連が疑われる暗号通貨アカウントの監視を長い間行っており、最近の紛争以降、これらの努力が強化されています。特にBinanceに関しては、これらの行動の規模が大幅に拡大しています。

イスラエル当局はまた、取り組みを強化するために疑わしい資金の流れを特定し、追跡するために公の支援を活用しています。

2021年以降、イスラエル当局は、ハマスや他のテロ組織との関連が疑われる暗号通貨アカウントで数百万ドルを押収しています。これらの行動は、国際社会とセキュリティ機関がテロリズム資金調達の防止に向けた取り組みの一環として、不正な資金の流れを止めるためのものです。