06 10月 2021 · 0 min read

ビットコインへの投資は、BTCが50Kドルを目前にして、再びイーサリアムから回転する

Source: Adobe/memorystockphoto

先週は、デジタル資産市場全体で「投資家の信頼感が高まり」、特にビットコイン(BTC)が再びイーサリアム(ETH)を犠牲にしてより好まれる投資対象となったことが、クリプトアセット運用会社CoinSharesのデータにより明らかになりました

規制対象のデジタル資産ファンドへの流入・流出を追跡する同社の「デジタル資産ファンドフロー週報」によると、先週、ビットコインには6,900万米ドルの流入がありました。同レポートによると、今年初めに「記録的な長さの流出」に見舞われたビットコインは、この週の流入額で3週連続のプラスとなりました。

一方、ETHファンドには、先週2,000万米ドルの流入がありましたが、ビットコインに比べて3分の1以下でした。

ビットコインへの流入が強くなったことで、ナンバーワンのデジタル資産がイーサリアムから市場シェアを奪ったとCoinShares社は述べていますが、一方で、対象となる投資商品におけるイーサリアムの市場シェアは、ピーク時の28%から先週は25%に低下したと指摘しています。

また、1週間でBTCへのフローが38%増加したのに対し、ETHへのフローは45%減少しました。

CoinShares社が追跡しているファンドフローは、多くの金融機関や伝統的な投資家がデジタル資産そのものではなく、規制されたファンドの保有を好むことから、さまざまなデジタル資産に対する機関投資家の関心を示す代理指標とみなされることが多い。

MTD - month-to-date; YTD - year-to-date; AUM - assets under management. Source: CoinShares

その他のデジタル資産では、binance coin(BNB)polkadot(DOT)が流出し、それぞれ0.8百万米ドルの損失となりました。

先週、デジタル資産投資商品には合計で9,000万米ドルの資金が流入し、このセクターでは7週連続で資金が流入しました。しかし、CoinShares社は、今週の出来高が24億米ドルと、依然として比較的低い水準であることを指摘しています。

Source: CoinShares

今回のファンドフローのデータは、投資銀行大手のJPモルガンが2週間前に発表したレポートの結果とは異なります。JPモルガンはこのレポートの中で、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)で規制されているビットコインとイーサリアムの先物価格は、機関投資家がビットコインを犠牲にしてイーサリアムへの関心を高めていることを示唆していると述べていました。

一方、月曜日と火曜日のビットコイン価格は引き続き強含みで、心理的に重要な50,000米ドルの大台に9月初旬以来初めて挑戦しました。09:50 UTCの時点で、ビットコインは過去24時間で5%上昇し、50,078米ドルの価格で取引されていました。一方、イーサリアムは同時間帯に2%上昇し、3,428米ドルとなりました。
___
もっと詳しく: 
-ビットコイン投資家が価値を知ることで「極端なボラティリティ」が予想される  
-中央銀行が利上げを視野に入れる中、ビットコイン価格は新たな試練に直面する

- パンテラCEO、2021年のビットコイン価格予想を下方修正 ETHがアウトパフォームと見ている
- ビットコインは2021年に66K米ドル、2030年に400K米ドルを超える可能性がある-「専門家パネル 
__
(最新の市場データで09:51 UTCに更新されました。)