悪名高いハッカー、Denis Katana氏がロシア犯罪組織のビットコインによるマネーロンダリングと関連していることが明らかに

hack-media-library-origin

画像引用先:Getty Images

スペインの裁判官は、悪名高いハッカーであるDenis Tokarenko氏、別名Denis Katana氏を、ビットコイン(BTC)を通じてマネーロンダリングに関与するロシアの組織犯罪リングと関連付けました。

El Españolの報道によると、スペイン南東部のアリカンテ州で活動していたこの犯罪組織は、「国家管理の欠如」を理由にデジタル通貨の使用を選択したといいます。

Pandora Papersのリーク、世界の指導者、セレブリティ、億万長者のオフショア金融活動を暴露する1200万の文書のコレクションは、以前、Tokarenko氏が「ビットコインの皇帝」として関与していることをほのめかしていました。

これらの文書は、2021年に国際調査ジャーナリスト連合によって公開され、脱税、マネーロンダリング、隠された富などさまざまな不正行為を明らかにしました。

地元当局によると、犯罪シンジケートのために資金洗浄を担当しているロシアの起業家であるMaxim Khakimov氏が、Tokarenko氏をリクルートしました。

また、Khakimov氏は、スペインのロシアのクライアントから資金を転送し受け取るために、洗練された金融エンジニアリング戦術を使用しました。

この事件を担当する裁判官は、Tokarenko氏が「サイバー関連者」として行動し、Khakimov氏にビットコインの購入とそれを使用して組織の財務取引を不透明にする方法についての指導を提供したと述べました。

そして、Tokarenko氏とKhakimov氏は不法行為以外にも密接な関係にあり、犯罪行為を超えた関係を築いていたと伝えられています。

スペイン当局は、Tokarenko氏が2018年に初めて逮捕されたとき、Khakimov氏と彼の弁護士が、獄中にいるTokarenko氏に資金を移動するのを手助けしたと主張しています。

さらに、彼らはサイバー犯罪者に投資を管理する手助けをし、さらには長年にわたって蓄積された負債を解決するためにヒットマンを雇ったとされています。

Katana氏、サイバー犯罪者として名を馳せる


Katana氏はサイバー犯罪者として広く知られるようになりました。

2018年、彼は世界中のATMを攻撃するために設計された高度なコンピュータープログラムに関与したことで、初めて逮捕されました。

当時、Katana氏は自宅からATMにプログラムを感染させ、「ミュール」として知られる共犯者に現金を引き出すことができました。

また、得られた資金は、ビットコインを含む様々な手段を通じて後に洗浄されました。

Katana氏のビットコインとの関連は、複数のBitcoinウォレットとの関係からも明らかであり、15,000ビットコインを超える財産を築いたと伝えられています。

しかし、裁判官の最近の発言は、犯罪行為が行われていた期間中に約5,500万ユーロの価値があるとされる、5,000ビットコインを含む単一のデジタルウォレットに焦点を当てていました。

暗号通貨の領域は、年初から特に2023年の第3四半期にかけて、一連のハッキングと詐欺に悩まされてきました。

ブロックチェーンセキュリティプラットフォームImmunefiによる報告書によれば、2023年の第3四半期には暗号通貨とWeb3プロジェクトおよび企業に対する76のハッキングがあり、これは2022年の同じ期間に報告された30のハッキングと比較して大幅な増加です。

合計で、約3億3200万ドルが様々なエクスプロイト、ハッキング、詐欺によって失われ、9月には暗号通貨のエクスプロイトで過去最高の月となりました。