BTC 0.39%
$64,881.78
ETH 3.44%
$3,548.53
SOL 1.22%
$136.09
BNB 2.52%
$598.43
XRP 2.21%
$0.49
DOGE 1.61%
$0.12
SHIB 1.67%
$0.000018
PEPE 10.76%
$0.000011
PlayDoge(PLAY)
プレセール開催中

インド、来年までに仮想通貨取引所の世界的データベースを立ち上げる予定

インド、来年までに仮想通貨取引所の世界的デ

画像引用先:iStock/omersukrugoksu

インドは、法執行機関が仮想通貨関連の犯罪と闘うのを支援するために、仮想通貨取引所の包括的な世界的データベースを導入することを計画しています。

この取り組みは、暗号通貨資産を規制するための国際基準に合わせようとするインドの取り組みの一環として実施。

エコノミック・タイムズの報道によると、ローンチは今会計年度の終わりまでに予定されています。

法執行機関の犯罪撲滅を支援するグローバル・データベース


仮想通貨取引所のグローバル・データベースは、仮想通貨資産に関する重要な情報を提供する上で極めて重要な役割を果たすことが期待されています。これにより、執行総局 (ED)、所得税局、中央捜査局 (CBI) などの法執行機関が、 マネーロンダリングなどの犯罪行為での使用をより適切に追跡および監視できるようになります。

以前に報告されたように、経済協力開発機構(OECD)は最近、暗号資産取引に関する税務関連データの収集に焦点を当てた暗号資産報告フレームワーク(CARF)をリリースしました。

インドが提案している取引所データベースの注目すべき点の1つは、ダークウェブ上で運営されている仮想通貨取引所に関する情報が含まれていることです。

金融情報局(FIU)の当局者らは、インドがこれらの秘密取引に関するさらなる情報を入手するため、他国に積極的に協力を求めていることを明らかにしました。

なお、金融情報局(FIU)によると、2019年から2021年にかけて約2万8000億ルピー(33億ドル)相当の仮想通貨が麻薬関連取引に使用されたといいます。

開発中の暗号インテリジェンスおよび分析ツール


内務省は、暗号通貨インテリジェンスおよび分析ツール(CIAT)も開発しています。

このツールは、ダークウェブ上の暗号通貨取引を監視することを目的としています。

グローバル仮想通貨交換データベースは、法執行機関を支援するという主な目的を超えて、より幅広い政府機関にサービスを提供することを期待されています。

そして、これはマネーロンダリングに関わる事件を捜査する執行総局(ED)や中央捜査局(CBI)などの組織に貴重な支援を提供することになります。

現在、インドは明確な規制がないため、国内の仮想通貨関連の詐欺や犯罪を抑制するのに苦労している最中です。 しかし、中央政府は現在、暗号通貨規制に関して態度を変えつつあります。