21 12月 2020 · 0 min read

ビットコインを買うには?

ビットコインの購入は難しくありません:円、米ドル、ユーロ、ポンドなどの法定通貨や暗号通貨を使用して行うことができます。ビットコインを購入するには、暗号通貨取引所で他の個人から買うか、ビットコイン専用のATMを使用して購入することができます。

ビットコインを購入するには?

まず知っておきたいのは、ビットコインを1枚丸ごと購入する必要がないということです。ビットコインの0.5枚や0.25枚、あるいは100万分の1枚といった単位でも購入ができます。半端な枚数しか持っていなくても、BTCの値が上がればちゃんと値上がりしますよ。

さて、そんなことはさておき、最初に必要なのは「ウォレット」を手に入れることです。ウォレットとは、 ビットコインを保持、受信、転送するための銀行口座のようなものです(ウォレットについての詳細はこちら)。
ウォレットが用意できたら、好きな方法でビットコインを手に入れましょう。暗号通貨取引所(取引所の選択についてはこちらをご覧ください)では、現金、クレジットカード、PayPalなどを使ってビットコインを購入できます。また、商品やサービスを販売し、ビットコインで支払ってもらうことで手に入れることもできます。

もし現金払いでビットコインを購入したい場合は、ビットコイン専用ATMからも購入できます。ATMはまだ数が少ないですが。

ビットコインのATMマップ(出典:CoinATMradar.com)

初心者向けのビットコイン取引所を挙げると以下のようなものがあります。

  • eToro
  • Switchere
  • Coinbase
  • Binance
  • Kraken
  • Poloniex
  • BC Bitcoin

取引所経由でビットコインを購入する場合、すぐにプライベートウォレットを手に入れる必要はありませんが、特に長期投資をする場合には非常におすすめです。

1,000ドル以上の価値のビットコインを購入する場合は、セキュリティにも最大限気を配りましょう。LedgerやTrezorのような安全なハードウェアウォレットを取得することを検討してください。


 

あなたの地域でビットコインを購入するには?

日本で(またはインドで、中国で、米国で等々)ビットコインを購入する方法は?という質問も、よく聞かれることの1つです。まず、あなたの国に規制があるかどうか、すなわち、ビットコインを購入することが合法かどうか、そして、上記の方法のうちどれがあなたにとって最も便利かどうかを調べる必要があります。

そのためのオンラインツールもあります:例えば、"カナダでビットコインを購入する方法 "と入力すると、あなたが利用可能な取引所を示すウェブサイトに移動します。

暗号通貨の買い方には、どれも長所と短所がありますが、取引所は最も自由度が高い方法です。ビットコインを少額分(日本円で2,000円ほど)から購入することができますし、数百万円分を一気に交換することもできます。会社や団体を通さず個人で取引できるので、匿名性の高い取引法でもあります。適用される取引手数料も勘案しながら、最適な価格で購入できる取引所を探してください(こちらのページで取引所のレートを参照してください)。

いずれにしても、BTCを購入するために特定の取引所や販売者を選ぶ前に、彼らが信頼できるかどうかを確認してください。以前のユーザーからのレビューやフィードバックを探すのも1つの手です。


 

取引所経由でビットコインを購入する手順

取引所経由でBTCを購入する流れを要約すると、次のような感じになります。

  1. プライベートのBitcoinウォレットを作成します。
  2. お住まいの地域でBTCを購入するのに最適な取引所を見つける。
  3. 取引所に登録します。
  4. 入金をします(クレジットカードでの購入には高額の手数料がかかることに注意してください)。
  5. 取引所の市場でビットコインを購入します。
  6. プライベートウォレットに安全に保管する。

このフローは、ビットコインを誰かから直接購入する場合でも、どこかの市場を介して購入する場合でも、またはビットコインATMを介して購入する場合でも同様です。細かなプロセスは異なるかもしれませんが、基本的には同じです。

ビットコインの購入は、新しい技術に触れることができる、とても価値ある体験といえます。銀行ほど便利ではないかもしれませんが、新しい金融パラダイムの中で取引することが何を意味するのか、その一端を感じることができるでしょう。