エルサルバドルの30ドルBTCプレゼントは、現在どれほどの価値があるのか?

Tim Alper
| 1 min read
Source: Igor Faun/Adobe

国営放送Chivoのアプリをダウンロードするための「golden hello」として配られたビットコイン(BTC)をHODLするようアドバイスを受けたサルバドル人は、その決定を台無しにするかもしれない、と新しいレポートが主張しています。しかし、後発組には明るい兆しが見えるかもしれません。

国内最大級の新聞社であるEl Diario de Hoyは、ほぼ1年前にChivoとともに開始された景品の相対的価値を、2022年10月のBTC価格で計算しました。

BTC prices since October 2021, when El Salvador launched the Chivo app. (Source: CoinGecko.com)

普及を後押しするため、政府はエルサルバドルに拠点を置くChivoの新規ユーザーに30ドル相当のビットコインを提供し、これが市民にトークンの経験を積ませることを期待したのです。BTCは2021年9月に法定通貨に認定されました。

同紙の計算では、平均的な新規Chivoユーザーが2021年10月に登録した場合、BTC 0.00053を受け取ることができたと予想されます。しかし、トークンを現金に換えたり、店で使ったりせず、HODLした人は、現在の価格でわずか10.30ドル程度のコインを手放すことになります。

しかし、まだChivoウォレットを開いていないサルバドールの人々は、BTC価格の回復の予測を信じるなら、利益を得ることができるでしょう。「golden hello」キャンペーンは、まだアプリをダウンロードしていないサルバドールの人々にも適用されます。BTCが回復するのであれば、後発組は利益を得ることができるでしょう。

しかし、この記事を書いている時点では、サルバドール政府にとって状況はまだ厳しいようです。Chivoは、不透明性や個人情報盗難の疑惑など、問題には事欠きません。かつて活発だったアプリのTwitterアカウントはほとんど沈黙し、2021年9月の最初のファンファーレ以来、BTCとChivoに対する国民の意欲は減退していると報告されています。

政府はBTCの購入でいくら「損」したのか?

Nayib Bukele大統領と政府のBTC購入戦略も批判されています。同メディアは、Bukele氏がこれまでに購入したBTC2,381枚について、公的資金を使って6050万ドルの損失を被ったと計算しています。

Source: Naybibtracker.com

Bukele氏と閣僚たちは、この問題に対してストイックに取り組んでいます。6月には、自身のTwitterのフォロワーにこう語っています

「市場でのビットコインの価格を心配したり、不安に思ったりしている人がいるようですね。私のアドバイスは、グラフを見るのをやめて、人生を楽しむことです。もし(あなたが)BTCに投資しているなら、(あなたの)投資は安全で、その価値は弱気市場の後に途方もなく成長するでしょう。忍耐が鍵です。」