12 10月 2021 · 0 min read

近い将来、オーラム社がどのようにして市場を支配しようとしているのか

免責事項:以下の文章は、Cryptonews.comが作成したものではないプレスリリースです。

ここ数年、暗号通貨のエコシステムでは、プロジェクトが急増して流入し、業界が飽和状態に陥る原因となっていました。ほとんどのプロジェクトが同じ場所を奪い合う中、一部のプロジェクトは成功の可能性を高めるために異なるルートを取ります。

それに加えて、プロジェクトのロードマップは、プロジェクトの信頼性と成功を左右します。ロードマップは、コミュニティに信頼を与えるだけでなく、プロジェクトが成功に向けて最善の計画をたてるのに役立ちます。リワード・トークノミクスとBSCセキュリティのゴールドスタンダードであるAurumは、近い将来、市場での優位性を確保するために、Aurum Wallet v1の最新ロードマップを発表しました。

オーラム・エコシステム

Aurumの名前は、ラテン語で金を意味するAu | Rumに由来しており、プロジェクトのミッションを完璧に要約しています。Aurumは、先駆的な報酬システム、問題解決型のユースケース、そして慈善的なルーツを用いて、BSCセキュリティと報酬トケノミクスのゴールドスタンダードを確立することを目指しています。

Aurumエコシステムは、ゲームを変える報酬、Aurum Secure WalletとAurum Crypto-centric Security Browserによって支えられています。このプロジェクトでは、保有者が好みのBEP-20トークンで自動的に再分配された報酬を獲得できるユーティリティトークン、$AURを設計しました。Aurum Secure Wallet」はベータテスト段階にあり、以下のロードマップに従ってリリースされる予定です。

オーラムのウォレットのロードマップ

設立以来、Aurumはいくつかの偉業を達成しており、すぐにやめる予定はありません。このプロジェクトでは、いくつかのエキサイティングな機能や製品を用意して、詳細なロードマップを計画しています。

フェーズ1(2021年第4四半期

Aurumは、既存のウォレットを秘密鍵でインポートするBSCウォレットを作成しました。BSCウォレットには、ApeSwapやPancakeswapを使ってトークンを送信、追加、交換する機能など、いくつかの機能が搭載される予定です。また、ユーザーはガスの編集、秘密鍵の公開、プリセットのGewiの使用が可能です。

フェーズ2(2021年第4四半期半ば

フェーズ2では、グラフィックの大幅なアップデートが行われ、ライブチャート、ライブのポートフォリオ総額(USD/GBP/EUR/BN)、ライブの個別トークンのポートフォリオ総額など、より多くのアクセスが可能になります。また、過去の取引や保留中の取引の確認、トークンスワップのオートスリッページ/マニュアルスリッページの調整、シードフレーズを使った既存のウォレットのインポートなどが可能になります。

フェーズ3(2021年第4四半期

フェーズ3では、NFTのマイニング、ショーケース、dAppの接続性と互換性、多要素認証など、いくつかのエキサイティングな新機能が追加されます。さらに、ユーザーは売却後のポートフォリオの値をライブで見ることができます。

完全版リリース 2022年第1四半期

オーラムはAurum Walletのフルバージョンをリリースし、オープンベータ版のすべてのバグを修正します。

バージョン1のオーラムウォレットのフルバージョンリリースの成功を受けて、プロジェクトは、コア機能に加えてより多くのプレミアムウォレット機能をユーザーに提供するために、バージョン2の開発を開始します。

オーラムは、コミュニティとプラットフォームの持続可能で実りある未来のために、必要なすべてのステップを慎重に計画しています。オーラムの詳細については、https://aurumofficial.net/.