. 0 min read

イーサリアム価格が2023年中に5,000ドルに達する可能性と、Love Hate Inuが1000万ドルを調達する理由

イーサリアム価格チャート

世界最大のスマートコントラクト・エコシステムの主要トークンであるイーサリアムが、5月以来初めて2,100ドルを突破しました。イーサリアム価格は、12日に行われたShapellaアップグレード(以前はShanghaiと呼ばれていた)の成功を受けて、2,000ドルのレジスタンスを突破しました。

ビットコインとイーサリアムは、今年に入ってから、特に米国の銀行危機の際に強さを発揮し、投資家の期待を上回る動きを続けています。

3月にSilvergate Bank、Signature Bank、Silicon Valley Bank (SVB)など、3つの仮想通貨・フレンドリーな銀行が崩壊しました。それ以来、規制当局は監督を強化しており、銀行パートナーを見つけることができない多くの仮想通貨ベースの企業を悩ませている状況です。

イーサリアム価格は上昇トレンドを倍増させる


イーサリアム価格は、土曜日に2,100ドルをわずかに上回り、その上昇トレンドは主にShapellaアップグレードによってサポートされています。強気派が弱気派に対してリードを保つには、このレベルを上回る日足が必要です。

このような動きは、移動平均収束線(MACD)による楽観的な見通しと相まって、最もレジスタンスが低い道は上向きであることを示唆しています。

ETH/USDデイリーチャート

ETH/USDデイリーチャート

現在、2,000ドルのレジスタンスに注目が集まっていますが、これが破られれば、イーサリアム価格は2,400ドル、あるいはそれ以上に上昇することになるからです。

強気市場の始まりにある盛り上がりが、投資家を大量に市場に向かわせています。多くの場合、このような「取り残されることへの恐怖(FOMO)」は、上昇トレンドの市場において勢いをつける手助けをします。

イーサリアムは2023年中に5,000ドルを達成できるか


イーサリアム価格は、年初からの目覚ましいパフォーマンスを受けて、上昇するのに適した位置にあります。今週の2,000ドル超の急騰は、強気相場の始まりを示すものでした。

ビットコインは30,000ドルを突破し、今後数週間で38,000ドルまで上昇する可能性があるというテクニカルな見通しを変更しました。Shapellaアップグレードをめぐる勢いに加え、イーサリアム価格もビットコインの跡をたどる可能性があります。

イーサリアム価格が5,000ドルまで大暴騰するのは、今後数ヶ月の間に市場で多くの条件が満たされた場合にのみ起こるでしょう。例えば、イーサリアムは2,000ドルの新しいサポートを何としても維持しなければなりません。

しかし、これはShapellaアップグレードが成功しても保証されるものではなく、ETHをステーク投資家は、ネットワークがPoS(Proof of Stake)プロトコルへと移行して以来初めて、トークンと獲得した報酬を引き出すことができるようになりました。

クジラは、イーサリアムの需要上昇を維持しないのであれば、バッグをそのままにしておかなければなりません。もう一つの大きな要因は、業界における規制の状況です。

今月末に予定されている暗号資産市場(MiCA)の投票によって、欧州は明確な規制の枠組みを持つことに一歩近づきました。

しかし、米国での状況はまだ不透明で、当面の解決は望めないでしょう。5月に行われたSEC vs Ripple訴訟の略式判決で、少しは明らかになるかもしれないが、そうならない可能性もあります。

2023年の米国のデジタル資産への取り組みが、市場を強気で推移させるか、仮想通貨の冬を長引かせる可能性があるのかは分かりません。

とはいえ、イーサリアム価格は強気の強さを示し続けており、2,000ドルを超える動きは、5,000ドルへの持続的な上昇の始まりとなる可能性があります。

Ethereumを購入する

Love Hate Inuのプリセール人気が爆発、1,000万ドルを視野に入れる


仮想通貨市場は、Dogecoin(DOGE)やShiba Inu(SHIB)に匹敵する可能性を秘めた新しいエコシステムの誕生を注視しています。

仮想通貨業界では初めて、コミュニティメンバーは世界でホットなトピックに対する投票で報酬を得ることができます。

ユーザーは、政治、エンターテインメント、社会問題など、さまざまなトピックに関する投票を作成することができるようになります。

Love Hate Inuの投票システムは、投票に参加したい人は最低30日間LHINUトークンを保有する必要があるというルールにより、安全で分散化され、不正に操作することができません。

ステークした額が多く、ステーク期間が長ければ長いほど、投票権は強まります。

一部の悪意のある人たちによって、プロジェクトの将来が損なわれることがないようにしたい、というのがチームの思いです。そのため、反ラグプル・メカニズムを導入しています。

なお、エコシステムの総供給量の90%は、現在プレセールで投資家に提供されています。残りの10%はトークン上場の支援に割り当てられています。

Love Hate Inuは、トークンの大半をコミュニティメンバーに配布することで、プロジェクトを強固な基盤の上に構築していると考えています。

これまでのところ、2023年の最高の仮想通貨プリセールは420万ドルを調達しており、目標の1,000万ドルに一歩近づいたと言えるでしょう。

各LHINUトークンは現在0.000115ドルで取引されていますが、価格が0.000125ドルに跳ね上がる前に投資家は急がなければなりません。Love Hate Inuは0.000145ドルで初めて取引所に上場する予定です。

Love Hate Inuを購入する