HayCoinの価格が急騰、Uniswapの創設者がテストコイン供給量の99.99%を焼却

snapshot

画像引用先:A video screenshot, Youtube/Fluidity

Uniswapの創設者Hayden Adams氏によって作成されたテストコインであるHayCoinは、同氏がトークン供給の99.99%を焼却することを決定した後、価値が劇的に急騰しました。

執筆時点で、HayCoinは$2,538,123で取引されており、過去1日で273%以上の価格上昇を示しています。なお、このデータはCoinGeckoから提供されています。

Adams氏は金曜日のX(以前のTwitter)での投稿で、自分がHayCoinの「ほぼ全供給」を所有することに不快感を表明。

その結果、彼は自身が所有するトークン供給の99.99%を焼却し、HayCoinの価格が大幅に上昇しました。

“人々がミームしたり投機したりするトークンのほぼ全供給量(〜99.99%)を所有することに不安を感じたので、ウォレット内の全額(約6,500億ドルという法外な「価値」)を燃やすことにしました。”

投稿で、Hayden Adams氏はHayCoinの起源について詳細を共有し、Uniswap V1のローンチ前にテスト目的でそれをデプロイしたことを説明しました。

彼は総供給量の一部を使って小さなテスト流動性プールを作成し、残りを自分のウォレットに保持しました。

時間が経つにつれ、いくつかの個人がHayCoinに注目し、ノベルティやアミューズメントとしてそれを購入しました。

Adams氏は驚きを表明しながら、人々が最近HayCoinをミームコインのように扱い、大量に取引し始めたことに言及しました。

彼は暗号通貨の世界が予測不可能で風変わりな性質を持っていることを認め、「クリプトは時々奇妙です」とコメントしました。

Adams氏は、自分の全ての供給を焼却したため、これ以上HayCoinに関与することはないと明言しました。彼の見解では、このトークンでの投機は無意味または「馬鹿げている」とのことです。彼は以下のように書いています。

“はっきり明言すると、私は今後一切関与しません、私のウォレットの全てのHAYを焼却しました、そしてそれに投機することは愚かだと思います。”

UniswapがDEXセクターを独占


報告によると、Uniswapは10月に1000億ドルを超える史上最高の取引高を記録しました。

このマイルストーンは、プラットフォームが成長を維持するだけでなく、Coinbaseのような確立された中央集権型取引所をも超えるという大きなトレンドの一部となっていますl。

2023年の第2四半期だけで、UniswapはDEXの総スポット取引量の66.1%を占めました。このような圧倒的な存在感は、同四半期に1890億ドルの累計取引高を記録したDEX市場を引き上げるUniswapの主導的な役割を示しています。

取引量を超えて、Uniswapはプラットフォームを強化し続けています。まもなく登場するUniswapのv4版では、「フック」という機能が導入され、流動性プールでのカスタマイズがより高度になるよう設計されています。

また、プロトコルはガス使用量を最適化するために、すべてのプールを単一の契約内に統合しています。

さらに、UniswapはそのウォレットのクローズドベータAndroidバージョンを立ち上げ、オープンソースコードが間もなくリリースされる予定です。

しかし、これは完全に順調だったわけではありません。

Uniswapは最近、スワップ手数料を0.15%に調整し、コミュニティ内で賛否両論を引き起こしました。一部のユーザーは不満を表明し、これがUNIトークンの最近の価格暴落を引き起こす主要な要因と見なされました。