14 9月 2021 · 3 min read

韓国の暗号化取引所にさらなる混乱をもたらす可能性のある収穫祭

Source: Adobe/상우 이

South Korea’s looming crypto exchange “shutdown crisis and coin run” could be compounded by a forthcoming national holiday, leading to a chaotic week ahead for the crypto community in the East Asian nation.

Chuseok, the annual Harvest Moon Festival holidays, will begin on Monday, September 20, and end on September 22. During this time, the entire nation will effectively shut down, much as is the case during Christmas holidays in Western Europe and North America.

That leaves just six working days before September 24, the end of the regulatory Financial Services Commission's six-month grace period for crypto exchanges to submit their operating permit applications.

The Chuseok slowdown is expected to cause more exchange shutdown chaos, KBS reported, with administrative deadlines likely, and heavy document backlogs almost certain.

The broadcaster noted that “in the worst-case” scenario unregistered exchanges “may close one after another” in the days after Chuseok, adding that financial regulators had stepped up their scrutiny of exchanges they suspect will fail to submit applications.

EToday reported that 40 exchanges have thus far obtained information security management system (ISMS) certification, per data released by the Ministry of Science and ICT. If they obtain ISMS certification, exchanges will be able to apply to stay open for crypto-to-crypto trading only. But if they want to offer fiat KRW trading, they will also need to partner with banks that offer real-name and social security number-verified banking services.

As such, the 40 exchanges will be able to continue operating after September 24, but will not be able to offer fiat on/off ramp services until they can convince a bank to partner with them. In the case of a few well-funded exchanges who are still “in talks” with banks over possible deals, this may be a viable course of action in the very short term.

But the police and others are fully aware that for most, this is not an option. There are anywhere between 60 and 100 exchanges in South Korea, meaning that even if all 40 of the ISMS-certified trading platforms decide to continue doing crypto-to-crypto-only business after next Friday, at least 20 will fold on or before D-day.

Offenders have been told they will face prosecution and even jail time if they continue doing business without regulatory approval.

The police have responded by opening 18 nationwide dedicated crypto units and are braced for a “heap” of bankruptcies and possible embezzlement complaints.

Some exchanges have already thrown in the towel.

The “big four” exchanges are almost certain to escape the fallout, however. The market-leading Upbit exchange has already sealed a banking deal and was the first to submit its documentation to the regulator last month.

It was joined late last week by its biggest rival Bithumb – with the remaining members, Korbit and Coinone, also submitting their applications just before the weekend after finalizing their own banking deals, Newsis reported

South Korean experts have also warned that what some international media observers like Nikkei have labeled “kimchi coins” could be in for a very rough ride over the next few days.

Many South Korean exchanges typically offer a broad range of altcoin trading for domestic projects. However, in their zeal to curry regulatory favor, bigger platforms have culled scores of altcoins from their platforms in recent months. With smaller trading platforms, who still list scores of altcoins, likely to close, the future for these “kimchi coins” now looks very uncertain.

The Financial Times quoted Kim Hyung-joong, a Professor at Korea University and the nation’s leading blockchain academic, as stating that the shutdowns would likely “eliminate” 42 tokens altogether – and likely leave more in mortal danger.

The media outlet quoted Lee Chul-yi, the CEO of Foblgate, one of a small group of chasing-pack exchanges thought to still be in conversation with banks, as stating:

韓国の暗号取引所の「閉鎖危機とコインラン」は、間近に迫った祝日によってさらに悪化する可能性があり、東アジアの暗号コミュニティにとって混沌とした週になると思われます。

秋夕(チュソク)は毎年恒例の豊年祭で、9月20日(月)から9月22日(金)までの期間に行われる。この期間中は、西ヨーロッパや北米のクリスマス休暇のように、国全体が事実上閉鎖されます。

そのため、規制当局である金融サービス委員会が暗号取引所の営業許可申請を6か月間猶予する9月24日まで、わずか6営業日しかありません。

KBSの報道によると、秋夕(チュソク)の減速は、取引所の閉鎖にさらなる混乱をもたらすことが予想され、行政上の期限が迫っており、書類が大量に滞っていることはほぼ確実だという。

同局は、「最悪の場合」のシナリオとして、未登録の取引所が秋夕(チュソク)後の数日間に「次々と閉鎖される可能性がある」と指摘し、金融規制当局が申請書の提出を怠ると思われる取引所への監視を強化していると付け加えた。

ETodayによると、科学ICT省が発表したデータによると、これまでに40の取引所が情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)認証を取得しているという。ISMS認証を取得すれば、取引所は暗号間取引のみの営業を申請することができます。しかし、KRWのフィアット取引を提供したい場合は、実名と社会保障番号を確認できる銀行と提携する必要があります。

そのため、40の取引所は9月24日以降も営業を続けることができるが、銀行との提携が決まるまでは、フィアットのオン/オフランプサービスを提供することはできないという。資金力のあるいくつかの取引所が、銀行との取引の可能性についてまだ「協議中」である場合、これは非常に短期的には実行可能な行動であるかもしれない。

しかし、警察などは、ほとんどの場合、このような選択肢がないことを十分承知しています。韓国には60から100の取引所があります。つまり、ISMSに認定された40の取引プラットフォームのすべてが、来週の金曜日以降も暗号同士の取引を継続することを決めたとしても、少なくとも20の取引所はDAYの前日までに閉鎖されるということです。

規制当局の承認を得ずにビジネスを続けると、違反者は起訴され、場合によっては懲役刑を科せられると言われています。

警察はこれを受けて、全国に18の暗号専門部署を開設し、「山のような」破産者や横領の苦情に備えている。

一部の取引所はすでにタオルを投げ捨てている。

しかし、「ビッグ4」と呼ばれる取引所は、ほぼ確実にこの影響を免れている。市場をリードするUpbit取引所は、すでに銀行との契約を結んでおり、先月、規制当局に書類を提出した最初の取引所だった。

先週末には、最大のライバルであるBithumbが加わり、残りのメンバーであるKorbitとCoinoneも、それぞれ銀行取引を確定した後、週末の直前に申請書を提出したとNewsisは報じています。

また、韓国の専門家は、日経新聞などの海外メディアが「キムチコイン」と呼んでいるものは、今後数日間で非常に厳しい状況に陥る可能性があると警告しています。

韓国の多くの取引所は、通常、国内のプロジェクトのために幅広いアルトコインの取引を提供しています。しかし、規制当局の歓心を買うために、大手のプラットフォームはここ数カ月の間に数多くのアルトコインをプラットフォームから排除してきた。今でも数多くのアルトコインを掲載している小規模な取引プラットフォームは閉鎖される可能性が高く、「キムチコイン」の将来は非常に不透明なものとなっています。

フィナンシャル・タイムズ紙は、高麗大学の教授であり、国内有数のブロックチェーン学者であるKim Hyung-joong氏の発言を引用し、閉鎖によって42のトークンが完全に「消滅」し、さらに多くのトークンが死の危険にさらされる可能性があると述べています。

同メディアは、まだ銀行と話をしていると思われる少数の追撃型取引所の1つであるFoblgateのCEOであるLee Chul-yi氏の発言を引用しています。:

「小規模な取引所にしか上場していないアルトコインを投資家が保有していても現金化できないため、期限間近になると銀行の倒産に似た状況が予想されます。彼らは突然貧しくなることに気づくだろう。規制当局はその副作用に対処できるのだろうか」。

 

___
もっと詳しく: 
- 韓国:4つの取引所は安全だが、26億米ドルの閉鎖の嵐が吹き荒れる
- 韓国の国会議員が政府に「暗号の独占をさせないで」と要請

- シンクタンクが韓国の銀行に警告。暗号カストディサービスの提供を開始 
- ロシア中央銀行、国内銀行に暗号化取引所の取引をブロックするよう指示