グレースケールがETFの動きを作る

| 1 min read
Source: Adobe/Ascannio

 

米国の大手暗号資産運用会社であるグレースケール・インベストメンツは、この種の投資手段へのエクスポージャーの拡大を目指し、同社初の株式上場投資信託(ETF)を立ち上げました。

Grayscale Future of Finance ETFは、Bloomberg Grayscale Future of Financeインデックスの投資パフォーマンスに連動する予定です。

この指数は先月、22社の企業で構成される初期バスケットで発表されました。以下の3つの柱に分類される企業を対象としています。

  • 金融基盤:デジタル経済の実現に携わる資産運用会社、取引所、証券会社、ウェルスマネージャーを含む。
  • テクノロジー・ソリューション:データおよび処理を通じてデジタル経済を促進するための技術を提供する企業。
  • デジタルアセットインフラストラクチャー:デジタルアセットエコシステムを支えるマイニング、エネルギー管理、その他の活動に直接従事する企業で構成されている。

グレイスケール・インベストメンツのマイケル・ソネンシャインCEOは、「この商品は、当社のこれまでの強みを生かしつつ、投資家が時の試練に耐えうるポートフォリオを構築するための資産運用会社としての当社の進化の次の段階をスタートさせる」と述べ、「未来の金融は、現在よりもはるかに幅広い権限を必要とする」とも付け加えました。

グレイスケールは、USバンク・ナショナル・アソシエーションをETFの管理者兼サービスプロバイダーに選び、金融サービス会社のフォーサイドが販売代理店となります。
____
詳しくはこちら 
2022年の暗号投資動向:さらなる機関投資家とミーム・マニアに備えよ
グレイスケールCEOが語る2022年注目の5大トレンド

グレースケール社、ビットコインETFの旅を正式に開始
MicroStrategy社とGrayscale Bitcoin Trust社の株式がETFと競合するように