ゴールドマン・サックスがロシアを離脱、暗号資産への注力度を高めると報道される

Fredrik Vold
| 1 min read
Source: Adobe/piter2121

 

投資銀行大手のゴールドマン・サックスは、店頭(OTC)暗号資産オプションを提供すべきかどうかを検討し、暗号資産に関する作業を強化していると伝えられています。このニュースは、同社がロシアを去り、ウクライナでの戦争が始まった後、そのようにする最初の主要なウォール街の銀行となったことを発表したときにもたらされました。

投資銀行の暗号資産オプションの探求は、暗号資産取引の世界における同行の深化した参加の表れです。同行は、このような暗号資産デリバティブ商品の提供を検討している数少ない大手投資銀行の1つであると、Bloombergは非公開の情報源を引用して報じました

現在検討されている商品、いわゆるバイラテラルオプションは、ヘッジファンドや鉱夫のような機関投資家の暗号保有者向けに、例えばリスクをヘッジするために取引をカスタマイズすることが可能になると、同レポートは付け加えています。

暗号資産オプションへの可能な新しいベンチャーのニュースは、銀行の暗号資産取引のヘッド、Andrei Kazantsevが昨年12月にCoinDeskが主催したパネルの中で、「我々が構想している次の大きなステップはオプション市場の開発です 」と述べた後に出てきました。

一方、この大手投資銀行がロシアに課された制裁の結果、ロシアを離れるというニュースも、今日出てきました。

「ゴールドマン・サックスは、規制およびライセンス要件を遵守し、ロシアでの事業を縮小している」と、投資銀行がロイターに送った電子メールで述べました。

同行はこれまで、ロシアに対する与信エクスポージャーが6億5,000万米ドルであることを公表しています。

今のところ、ウクライナ戦争の結果、ロシアでの事業を閉鎖すると述べた米国の大手銀行は他にありません。

シティグループは今週水曜日、同国での事業を 「より限定的に」継続していると述べました。フィナンシャル・タイムズ紙は、同銀行は以前から同国のフランチャイズを売却する計画を立てていましたが、制裁によってその計画は今や複雑になっていると報じています。

シティグループの関係者とされる無名の人物が、「我々は選択肢を失いつつある…全てを閉鎖することが唯一の選択肢かもしれない」と語りました。
____
詳しくはこちら: 
Russian Banks Look to China’s UnionPay after Visa, Mastercard Freezout
– Russian Banks Eye CNY Solution as Central Bank Bars Forex Sales; New Sanctions Approved

Goldman Sachs Claims Adoption Won’t Boost Crypto Prices, Talks Down Stablecoin Plans
Perhaps the Goldman Sachs DeFi ETF Won’t Feature Nokia After All

Goldman Sachs Ultra-Rich Clients Send Bullish Crypto Signals
Russia Sanctions Means Countries May Transition to Bitcoin Reserves – Pantera’s CEO