ゴールドマン・サックス社の分析:Ethereumのスケーラビリティへの道筋

Ethereumのスケーラビリティへの道筋

画像引用先:Adobe

2024年第1四半期に予定されているEthereum(ETH)のDencunアップグレードは、ブロックチェーンが決済層としてのスケーラビリティに向けて進む上で重要な役割を果たすでしょう。

最近のメモで、ゴールドマン・サックス社はDencunアップグレードの主要な影響について強調しました。それは、proto-dankshardingを通じてレイヤー2ロールアップのデータ可用性を高めることです。

銀行は、この強化によりロールアップのトランザクションコストが削減され、最終的にエンドユーザーに利益をもたらすだろうと主張しています。

“Dencunの主要な影響は、proto-dankshardingを介してレイヤー2ロールアップのデータ可用性を高めることであり、これによりロールアップのトランザクションコストが削減され、その利益はエンドユーザーに還元されるでしょう。”

ブロックチェーン技術の文脈で、レイヤー1ネットワークは基盤または下層インフラとして機能します。

レイヤー2とは、レイヤー1の上に構築されたオフチェーンシステムまたは別のブロックチェーンを指します。

ロールアップはレイヤー2の一部であり、より高速なブロックチェーンでトランザクションを処理し、そのデータを一部のコストで親ブロックチェーンに戻します。

Dencunアップグレードのproto-danksharding機能は、レイヤー2ロールアップのデータ可用性を改善するだけでなく、dankshardingを含む将来のスケーラビリティアップグレードの基盤を整えることにもなります。

Dankshardingは、ネットワークをシャードに分割し、データストレージ容量を拡大することでEthereumのスケーラビリティを高めることを目的とした手法です。この手法は、単にトランザクションの処理能力を増加させるだけでなく、データストレージ容量も拡大します。

Dencun、Ethereumのスケーラビリティを向上


ゴールドマン・サックス社の報告によれば、Dencunはロールアップの実装を通じてEthereumのスケーラビリティを向上させるでしょう。

さらに、ガス手数料を最適化し、ネットワークのセキュリティを改善し、全体的なネットワークの改善を目的としたいくつかのハウスキーピングアップデートも導入されます。

一方で、Ethereumの共同創設者であるVitalik Buterin氏は最近、5,901のアクティブなEthereumフルノードの大部分がAmazon Web Services(AWS)などの中央集権的なプラットフォームで動作していることから、ノードの中央集権化がネットワークの最大の課題の一つであると認めました。

Vitalik Buterin氏は、将来的には完全に検証されたEthereumノードが「文字通り」携帯電話で動作することを望んでいると述べました。

彼は、フルノードの中央集権化の問題を解決することが、Ethereumをより分散型にするための「大きなピース」であると主張しています。

報告されているように、ETHネットワークの分散型性を維持するための取り組みとして、いくつかの主要な流動性ステーキングプロバイダーが自己制限ルールを実施しているか、または実施過程にあります。

このルールにより、これらのプロバイダーはEthereumのステーキング市場で22%以上の所有を持たないようにすることができ、Ethereumのステーキングの中央集権化が進む懸念に対処するのに役立つでしょう。

EthereumのコアデベロッパーであるSuperphiz氏は、最近のツイートでRocket Pool、StakeWise、Stader Labs、Diva Staking、およびPuffer Financeは、すでにこの自己制限にコミットしたステーキングプラットフォームの一部であると述べています。