Global XのBitcoin ETFの決定がSECによって遅れ、新たな期限を設定 – 知っておくべきことはこちらです

Yamada
| 2 min read

Global XのBitcoin ETFの決定がSECによって遅れ

画像引用先:Pixabay/Sergei Tokmakov

米国証券取引委員会(SEC)は、Global X社およびFranklin Templeton社によって提出された現物Bitcoin(BTC)上場投資信託(ETF)の申請についての決定を延期しました。

金曜日の提出書類で、同機関は今後35日以内にGlobal Xの提案に関する公開コメントを期待しており、新しい締め切りは12月22日としています。

また、Cboe BZX取引所とのパートナーシップで提出されたGlobal X Bitcoin Trustの締め切りは金曜日でした。

さらに、別の提出書類で、SECはFranklin Templeton社からの現物Bitcoin ETFに対する決定期間も延長すると発表しました。

この申請は9月26日に提出され、コメントのために10月3日に公開されました。

SECは、最初の決定締め切りとして11月17日を特定していましたが、現在、2024年初めまでに申請を承認または不承認するという、より長い決定期間を設けています。

ETFアナリストのJames Seyffart氏は、X(旧Twitter)への最近の投稿で遅延を認めました。

金曜日に、Seyffart氏はGlobal XとFranklinからの申請に関するSECの判断が予想通り遅れたとツイートしました。

Seyffart氏はさらに、少なくとも35日間の公開コメント期間があることから、Global Xが2023年末までに判決を受けることはほぼありえないと説明しました。

Franklinの申請について、Seyffart氏はSECのウェブサイト上で情報を見つけることができず、それについての議論も見ていないと指摘しました。

SECは初回提出から最大240日まで申請を延期する権限を持っています。

これらの最近の延期により、規制当局は現在の現物Bitcoin ETF申請者に対して、与えられた全レビュー期間を使用する意向を示しています。

SEC、高まるフラストレーションにもかかわらず立場を維持

業界内で不満が高まっているにもかかわらず、SECは仮想通貨ETFに対する通常の不透明なアプローチを維持しています。

SECは以前、HashdexのBitcoin先物ETFを現物ETFに変換する提案と、GrayscaleのEthereum先物ETFに対する申請に関する決定を延期すると発表していました。

一部の業界専門家は、すでにSECが現物Bitcoin ETFを2024年前に承認する可能性は低いと主張しています。

現物Bitcoin ETFの立ち上げに対する楽観論は、最近の仮想通貨市場のラリーを煽り、Bitcoinは38,000ドルまで高騰しました。

一方、金融サービス会社Cantor Fitzgeraldのアナリストたちは、待望の現物BTC ETFが現実に近づいていると考えています。

SECはオフショアの現物プラットフォームでの潜在的な操作に関する懸念から、現物Bitcoin ETFの承認をためらってきました。

しかし、Cantor Fitzgeraldは、新たな申請者によって提案された市場監視手順がこれらの懸念に対処し、SECを承認に向かわせる可能性があると考えています。